寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter
Instagram

国際ガールズ・デー:ネパールで「遠隔地の学校における教室改修支援事業」を開始しました

10月11日は、国連が定めた「国際ガールズ・デー」。
女子の権利やエンパワメントの促進を広く国際社会に呼びかける日です。

この日を踏まえ、当財団は、ネパールで、女子に配慮したトイレや教室の改修を通じて、子どもたちが安心して、質の高い学習ができる環境を実現する「遠隔地の学校における教室改修支援事業」を開始しました。

この事業の対象となる学校は、スルケート郡ビレンドナラガルの最も人里離れた場所にあるネパール・ラストリヤ校。

1979年に設立された同校は、バルディヤ国立公園の緩衝地帯に位置しています。この学校には、5歳~16歳の1年生から12年生までの合計362人の生徒が在籍しており、そのうち82人(22%)が社会から疎外されたダリットや先住民のコミュニティに属しています。市内の1区内で唯一の学校であるため、大半の生徒は2時間かけて通学しています。

▼教室不足のため、未完成のまま使われている校舎


女子に配慮したトイレがないことが退学の一因

その結果、生徒たちは壁のない教室で勉強せざるを得ない状況にあります。その上、学校のトイレには貯水タンクがないため、水道が通っていません。学校の集散地には生理用ナプキンの処理場が建設されているものの、女子に配慮したトイレはありません。長期的に見て、このことが多くの女子が退学する理由の一つとなっています。

 この事業を通じて、一人でも多くの退学者を減らし、女子たちが安心して学べる環境を整えていきますので、今後の活動を見守っていただければと思います。

 ▶この事業をもっと知る

▲倒壊の危険性があるため使用されていない第一校舎(左)と同じく古くなって使用されていない第二校舎(右)


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 5月11日はCAREの誕生日:CAREパッケージは今も形を変えて世界各地に届けられています

    5月11日はCAREの誕生日:CAREパッケージは今も形を変えて世界各地に届けられています

  • 東京マラソン2025チャリティについて/Tokyo Marathon 2025 Charity

    東京マラソン2025チャリティについて/Tokyo Marathon 2025 Charity

  • 東京レガシーハーフマラソン2024 寄付金及びチャリティランナー募集!

    【募集!】東京レガシーハーフマラソン2024 寄付金及びチャリティランナーを募集しています

  • 東京レガシーハーフマラソン2024 チャリティに参加します!

    東京レガシーハーフマラソン2024 チャリティに参加します

  • ガザ:戦闘開始から半年、高齢者と子どもたちは病と飢えに苦しみ、死と隣り合わせに

    ガザ:戦闘開始から半年、高齢者と子どもたちは病と飢えに苦しみ、死と隣り合わせに

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE