寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter
©Adrienne Surprenant/MYOP

ケア・インターナショナル ジャパン
「設立35周年記念募金」のお願い

35周年ロゴ 35周年ロゴ

期間限定10月31日まで
CAREマンスリー・ギビング・
プログラム
ご入会・ご増額キャンペーン

35周年ロゴ 35周年ロゴ
世界人道デー:南スーダンは人道支援従事者にとって最も過酷な場所の一つになっています
ニュース

世界人道デー:南スーダン、アフガニスタン、ミャンマー、ウクライナは人道支援従事者にとって試練を伴う事業地となっています

戦後77年:混乱期の日本を支えた「CAREパッケージ(ケア物資)」
ニュース

戦後77年:混乱期の日本を支えた「CAREパッケージ(ケア物資)」

【急募】マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します
求人

【急募】マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

ケア・インターナショナル ジャパンの新しいキャッチコピーを募集します
ニュース

ケア・インターナショナル ジャパンの新しいキャッチコピーを募集します

ファンドレイジング・インターンを募集します
求人

ファンドレイジング・インターンを募集します(9月~11月開始)

ウクライナ産穀物の輸出再開:「黒海イニシアティブ」は世界的な飢餓危機への取り組みの始まりにすぎません
ニュース

ウクライナ産穀物の輸出再開:「黒海イニシアティブ」は世界的な飢餓危機への取り組みの始まりにすぎません

9/3(土) 創立35周年記念イベント「35年の歩み、過去、現在、未来」を開催します
イベント

9/3(土) 創立35周年記念イベント「35年の歩み、過去、現在、未来」を開催します

ケア・インターナショナル ジャパン「設立35周年記念募金」のお願い
ニュース

ケア・インターナショナル ジャパン「設立35周年記念募金」のお願い

【10月31日まで】毎月の寄付 新規ご入会/ご増額キャンペーン
ニュース

【10月31日まで】毎月の寄付 新規ご入会/ご増額キャンペーン

ウクライナ人道危機:子どもミュージカル「グレーテル座」からご寄付をいただきました
ニュース

ウクライナ人道危機:子どもミュージカル「グレーテル座」からご寄付をいただきました

世界人道デー:南スーダンは人道支援従事者にとって最も過酷な場所の一つになっています
ニュース

世界人道デー:南スーダン、アフガニスタン、ミャンマー、ウクライナは人道支援従事者にとって試練を伴う事業地となっています

戦後77年:混乱期の日本を支えた「CAREパッケージ(ケア物資)」
ニュース

戦後77年:混乱期の日本を支えた「CAREパッケージ(ケア物資)」

ケア・インターナショナル ジャパンの新しいキャッチコピーを募集します
ニュース

ケア・インターナショナル ジャパンの新しいキャッチコピーを募集します

ウクライナ産穀物の輸出再開:「黒海イニシアティブ」は世界的な飢餓危機への取り組みの始まりにすぎません
ニュース

ウクライナ産穀物の輸出再開:「黒海イニシアティブ」は世界的な飢餓危機への取り組みの始まりにすぎません

ケア・インターナショナル ジャパン「設立35周年記念募金」のお願い
ニュース

ケア・インターナショナル ジャパン「設立35周年記念募金」のお願い

【10月31日まで】毎月の寄付 新規ご入会/ご増額キャンペーン
ニュース

【10月31日まで】毎月の寄付 新規ご入会/ご増額キャンペーン

ウクライナ人道危機:子どもミュージカル「グレーテル座」からご寄付をいただきました
ニュース

ウクライナ人道危機:子どもミュージカル「グレーテル座」からご寄付をいただきました

Tokyo Marathon 2023 Charity  Registration started !
ニュース

Tokyo Marathon 2023 Charity Registration started !

東京マラソン2023チャリティ 申込受付開始!
ニュース

東京マラソン2023チャリティ 申込受付開始!

3年ぶりの対面による総会に、目賀田理事長と河﨑事務局長が出席しました
ニュース

3年ぶりの対面による総会に、目賀田理事長と河﨑事務局長が出席 ~「CAREビジョン 2030」の優先課題を議論しました

9/3(土) 創立35周年記念イベント「35年の歩み、過去、現在、未来」を開催します
イベント

9/3(土) 創立35周年記念イベント「35年の歩み、過去、現在、未来」を開催します

6/22(水)「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催します
イベント

6/22(水)「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催します

国際女性デー2022:持続可能な明日に向けて、ジェンダー平等をいま ―「ジェンダー平等がつくる明日」展を開催します
イベント

3/27まで!国際女性デー2022:持続可能な明日に向けて、ジェンダー平等をいま ―「ジェンダー平等がつくる明日」展を開催します

1/12(水)東ティモール駐在員トーク「農業用水改善事業の今」を開催します―地球にも女性にもやさしい点滴灌漑を使って、貧困削減と女性のエンパワメントを目指す活動とは
イベント

1/12(水)東ティモール駐在員オンライン・トーク「農業用水改善事業の今」を開催します ―地球にも女性にもやさしい点滴灌漑を使って、貧困削減と女性のエンパワメントを目指す活動とは

【急募】マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します
求人

【急募】マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

ファンドレイジング・インターンを募集します
求人

ファンドレイジング・インターンを募集します(9月~11月開始)

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2022」へのご協力ありがとうございました
WiHS NEWS

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2022」へのご協力ありがとうございました

元プロサッカー選手/元日本代表の波戸康広さん、歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2022」アンバサダーに就任!
WiHS NEWS

元プロサッカー選手/元日本代表の波戸康広さんに、歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2022」アンバサダーに就任いただきました

3/7(月)「2,000人以上が賛同する歩く国際協力の魅力とは? Walk in Her Shoes 2022前夜祭 Facebook ライブ」を開催します
WiHS NEWS

3/7(月)「2,000人以上が賛同する歩く国際協力の魅力とは? Walk in Her Shoes 2022前夜祭 Facebookライブ」を開催します

【申込締め切り】3/21(祝・月)世界の水問題・ジェンダー課題に向き合う!「世界水の日」さくらチャリティーウォークを開催します
WiHS NEWS

【申込締め切り】3/21(祝・月)世界の水問題・ジェンダー課題に向き合う! 「世界水の日」さくらチャリティーウォークを開催します

ニュースレターを発行しました
活動レポート

ニュースレター「CARE World」43号を発行しました

ニュースレター(スタッフ紹介)
活動レポート

新たに着任したスタッフを紹介します

ウクライナ人道危機対応の進捗をお伝えします
活動レポート

ウクライナ人道危機対応の進捗をお伝えします

「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催しました
活動レポート

「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催しました

タイ「理数系(STEM)教育を通じたリーダーシップ育成事業(第2期)」2年次が終了しました
活動レポート

タイ「理数系(STEM)教育を通じたリーダーシップ育成事業(第2期)」2年次が終了しました

「ウクライナ危機緊急支援募金」の経過についてのご報告
活動レポート

「ウクライナ危機緊急支援募金」の経過についてご報告いたします

ウクライナ人道危機:最前線からの声をお届けします ~子どもたちのライフラインとなる教育
活動レポート

ウクライナ人道危機:最前線からの声をお届けします ~子どもたちのライフラインとなる教育

「東ティモールフェスタ2022」に参加しました
活動レポート

「東ティモールフェスタ2022」に参加しました

東ティモールの駐在員が解説!農業用水改善事業の今
活動レポート

東ティモールの駐在員が解説!農業用水改善事業の今

ウクライナ人道危機:国内に留まり活動を続けるボランティアを支援しています
活動レポート

ウクライナ人道危機:国内に留まり活動を続けるボランティアを支援しています

about care

Defending dignity. Fighting poverty.

貧困のない社会を目指し、
世界100か国以上で、
人道支援活動を行う国際NGO

CAREを知る

  • 日本のCAREを知る

    ケア・インターナショナル ジャパンは、国際NGO「CARE」の一員。災害時の緊急・復興支援や「女性と女子」の自立支援を通して、貧困のない社会を目指しています。

  • 活動理念を知る

    貧困のない、すべての人々が尊厳をもって安心して暮らせる世界を目指しています。

  • 歴史を知る

    「CAREパッケージ(ケア物資)」と呼ばれた小包から歴史は始まりました。

CAREを知る

CAREの活動

女性と女子を活動の中心にすえています。貧困をなくすためには、女性と女子を含むすべての人々が平等な権利と機会を得る必要があるからです。だから、CAREは、男性の参画も必要との考えのもと、男性も巻き込みつつ、ジェンダー平等にも取り組んでいます。さらに、世界中にはりめぐらされたグローバルネットワークを活かし、瞬時に緊急支援体制を確立し、被災者への対応を行っています。

©︎Juozas Cernius/CARE

action

ケア・インターナショナル ジャパンの活動は、
様々なアクターの皆さまによって支えられています。
ご自身のライフスタイルにあう方法で私たちの活動を支えてください。

アクションする TOP

  • 個人でできるアクション

    1日33円の
    寄付から
    始める国際協力

    毎月1,000円からのご支援で、
    貧困のない世界の実現に一歩近づきます。

    詳細を見る
  • 法人にできるアクション

    「企業価値」と「社会価値」の両方を高める
    戦略的パートナシップ

    豊富な法人連携実績のもと、
    多様な連携方法をご用意しています。

    詳細を見る
  • 歩く国際協力
    「Walk in Her Shoes」

    水汲みのために毎日歩かなければならない女性や女の子たち。彼女たちの身になって歩く、シンプルで健康的な国際協力です。

    詳細を見る
  • あつめて国際協力

    自宅や学校、オフィスで眠っている本、未使用の切手やはがきを送るだけで、国際協力につながります。

    詳細を見る
  • ボランティア

    事務局でのお手伝い、翻訳やデザインなど、さまざまなボランティアを募集しています。あなたのスキルが国際協力につながります。

    詳細を見る

CARE / SUSTAINABLE DEVELOPMENT GLOBAL

CAREは持続可能な開発目標
(SDGs)を支援しています

CAREは、2030年に向けて世界が合意したSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて取り組んでいます。
特に、目標1(貧困をなくそう)と目標5(ジェンダー平等を実現しよう)に注力しています。

詳しくはこちら

メルマガ登録

毎月2回、CAREのメルマガをお届けします。

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE