寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter
Instagram

理数系教育を通じたリーダーシップ育成事業 ―第2期が本格始動しました

当財団は、2020年4月から3年間、タイにおいて「理数系(STEM)教育を通じたリーダーシップ育成事業」の第2期を実施するにあたり、正式に、日産自動車株式会社と寄付金交付確認書を締結しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、今年3月から丸々4か月もの間、すべての学校の休校措置がとられていたタイ。
現地CAREタイのスタッフは、その間、国内移動やフィールドでの活動制限がある中、リモートで情報収集や外部関係者との協議を重ねながら、新たな支援校として、日産自動車の工場があるサムットプラカーン県を中心に計7校を選定しました。

そして、7月1日、学校が再開。
すでに、新しい学校におけるベースライン調査*が実施するなど、タイでの活動が本格稼働しています。

今後も、新型コロナウイルス感染予防対策を十分に図りつつ、また、現地パートナーであるNISSAN MOTOR (THAILAND) CO. LTD.の社員の皆さんとの協働の可能性を探りながら、コロナ禍における本事業のあり方を模索していきます。

*プロジェクト開始前の指標の状況(基準値)を把握するための調査

【関連情報】
ジェンダー平等


活動レポート一覧に戻る

最新レポート

  • 3月に東ティモールで開始予定の「遠隔集落における生業改善事業」にかかる署名式が行われました

    3月に東ティモールで開始する「遠隔集落における生業改善事業」にかかる署名式が行われました

  • トルコ・シリア地震 発生から1年:数百万人にのぼる被災者への越冬支援は資金不足が続いています

    トルコ・シリア地震 発生から1年:震災対応への資金不足により人々は希望を失いつつあります

  • 持続可能なカカオ栽培のためのコミュニティ強化事業

    持続可能なカカオ栽培のためのコミュニティ強化事業

  • 【動画で見る】2023年度年次報告書が完成しました

    【動画で見る】2023年度年次報告書が完成しました

  • ウクライナ危機:日本に避難したウクライナの人々への支援を行いました

    ウクライナ危機:日本に避難したウクライナの人々への支援を行いました

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE