寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
X
Instagram
Youtube

ネパールの「遠隔地の学校における教室改修支援事業」地を訪問しました

4月中旬、広報の甲斐(▲左端)は、ネパールの「遠隔地の学校における教室改修支援事業」のドナーである株式会社えがおホールディングス様の取締役(▲右から2人目)らとともに視察を行いました。
主な目的は、同国北西部 カルナリ州 スルケット郡ビレンドナラガルのラストリヤ校の改修状況の確認。

首都カトマンズから飛行機で移動することおよそ1時間。そして、スルケット空港で四輪駆動車に乗り換え、がたがたの山道を登ること1時間半。
正に「最も支援の届きにくいところ」に支援を届けるCAREの活動を実際に目にし、肌で感じながら山の上の学校に到着。

コミュニティ全体の歓迎を受け、以下のとおり、外壁が設置され、手前に車いす用のスロープが設置された様子を確認することができました。

山の上の学校では、常に強い風が吹きつけ、砂ぼこりが舞っています。このような中で、外壁が設置され、生徒たちが勉強に集中できる環境を整えることができたことに心から感謝いたします。株式会社えがおホールディングスの皆さま、本当にありがとうございました。

また、シェルパCAREネパール事務局長(▼左から3人目)のリーダーシップの下、現地のパートナー団体と協力して、それを実現してくださったCAREネパールのチームにも心から感謝します。

関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
活動レポート一覧に戻る

最新レポート

  • 活動報告:学習教材「ラファエック」を通じた自立支援事業

    2023年度の「学習教材『ラファエック』を通した自立支援事業」の活動を報告します

  • ネパールの「遠隔地の学校における教室改修支援事業」地を訪問しました

    ネパールの「遠隔地の学校における教室改修支援事業」地を訪問しました

  • ウクライナの女性や女子に対する持続的な人道支援の必要性を訴える

    ウクライナの女性や女子に対する持続的な人道支援の必要性を訴える

  • モロッコ地震:発生から半年 ―復興への長い道のり

    モロッコ地震:発生から半年 ―復興への長い道のり

  • 東ティモール:「遠隔集落における生業改善事業」を開始しました

    東ティモール:「遠隔集落における生業改善事業」を開始しました

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE