CARE支援組織「わたしの想い」

寄付で支援する
Facebook
Twitter

当財団の事業を通じた国際協力に対する代表者の皆さまの強い使命感とお人柄に導かれ、CARE支援組織の活動は、それぞれの団体に所属するたくさんの会員(個人・法人)の皆さまによって支えられています。そして、共通のビジョンのもとに、お一人おひとりが、さまざまな想いを胸にCARE支援組織の活動に参加されています。代表者をはじめ、会員や支援者の皆さまからお寄せいただいたメッセージをご紹介します。

ケア・フレンズ岡山

  • 名誉会長 加藤 睦子 様

    私は、子どものころ、戦中、戦後の日本で、物資が少ない中、青春時代を過ごしました。当時は、戦後の傷跡が生々しく、皆敗戦で心がすさみがちになりながらも、今日より明日が必ずよくなると信じて、耐え忍び働きました。そうして、日本は奇跡の復興を遂げます。

     

    空襲で焼けただれ、家族を失い、瓦礫の中で苦しんでいた敗戦国で、敵国アメリカのCAREから届いた粉ミルクは、友情と明日への希望の光でもありました。生きること、どんなにどん底の時にも諦めない。誰かがどこかで見守ってくれる。異国の地においても、貧困の中で女性たちが、自分の足で歩んでいけるようにする。私たち岡山ケアの会員は、良い時も悪い時も、希望の灯りを掲げ、世紀を越え、次世代に思いをつないでいきたいと願っています。

     

    (掲載日:2020年10月)

  • 会長 中島 美子 様

    「ケアの活動の始まり」

    ケア・フレンズ岡山創立から間もない日の例会において、ケア・ジャパンから派遣された女性が、タイ国におけるCAREの活動について熱っぽく語られ、ボランティア活動に参加するのは初めてという大半の会員は、この説明により、CAREの活動への参加の意を強くしました。その後、カンボジアの女子教育の充実を図る支援に参加しました。「継続は力なり」の心で、CAREの活動を続けていきたいと願っています。

     

    (掲載日:2020年10月)

ケア・フレンズ東京

  •  会長 安倍 洋子 様

    「ケア・フレンズ・東京」は、平成十年の発足以来、二十二年間ひたすらに、活動を続けて参りました。

     

    新型コロナウイルス感染に対しましては、早々に、会員の皆様が力を合わせ、寄付をさせて頂きましたが、世界中に拡がり続ける日々に、言葉では表せないほどに心を痛めております。一日も早い終息を、毎日祈り続けております。

     

    これまでの私どもは、アジアや日本で貧困や災害で困っている方々のために支援を続け、タイやカンボジアを訪問したこともあります。現地で、可愛い子供達、女子学生とお会いしました時には、支援で教育を受けることができたことに対し、「毎日、神様に学校に行けますようにとお祈りをして、その夢が実現できた」と喜ばれ、その子の目は輝き、感謝の言葉とともに、美しいバラを一人ひとりプレゼントしてもらい、感動した思い出もございます。

     

    その後も、ケア・インターナショナル ジャパンの東ティモール事業への協力とともに、日本においても予測なく次々と起こる自然災害にも、会員一同、出来る支援を、心を込めて迅速に続けて参りました。東日本大震災時には、一週間以内に、集めた衣類・食料などの物資をトラックでお届け致しました。微力ではございますが、一生懸命でした。

     

    私どもは、会員の方々と常に「心一つ」に、初心を忘れず、必要な支援を迅速に行うことに努めておりますが、それはいつの間にか、「生きがい」にもなっております。

     

    これまで色々と多くのことがございましたが、常に大勢の皆様の温かいお支えがあってこそ、現在に至りました事を思いますと、本当に感謝の気持ちでいっぱいでございます。

     

    「ケア・フレンズ東京」の支援は、小さいもので、いろいろと足りないところもございますが、今後とも、私どもの活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げて、このコロナ禍に於いて「ケア」の意義を再考し、思いもより高まりました。今後一層、心を尽くして参りたいと切に思っております。

     

    (掲載日:2020年10月)

ケア・サポーターズクラブ大分

  • 会長 広瀬 堯子 様

    太平洋戦争終戦の年に生まれました。今、私がいるのは、CAREの支援のおかげかもしれません。世界の歴史を紐解いてみますと、国の財産は何といっても人材だと思います。だから、CAREが力を注いでいる東ティモールやタイに於ける教育支援は、今後も是非続けていきたいし、またその国の活動報告書を読むと、逆に彼女達からエンパワーメントをもらっているのに気づかされます。世代を超えて、国を越えて、助けたり助けられたりすることは、現代社会の理想ですね。

     

    (掲載日:2020年10月)

ケア・サポーターズクラブ熊本

  • 会長 森 義臣 様

    ケア・サポーターズクラブ熊本は、発足して15年。CAREの活動を地域へ伝え、広げる役割を果たすことが、私達の課題となっています。特に、熊本地震の復旧、新型コロナウイルス感染と大雨による甚大な被害が発生したことが難関点です。しかし、理事会で知恵を絞り、対策を立て、微力ながら尽力していきたいと思います。世界の人々と仲良く、平和に暮らせる社会を目指しましょう。

     

    (掲載日:2020年10月)

ケア・フレンズ長野

  • 会長 塚田 稲子 様

    CAREの使命は、世界の最も貧しいコミュニティにおける個人や家庭を支援することです。世界が平和で、誰でも安心して心身ともに豊かな生活を送ることが出来る社会をつくり上げるために、微力ながら私たちの力も必要であると思います。「継続は力」と言います。私たち一人ひとりの力が、世界の誰かの力になっていることを常に頭に置き、今後も力の続く限り頑張りたいと思います。

     

    (掲載日:2020年10月)

ケア・サポーターズクラブ千葉

  • 会長 土屋 津以子 様

    世界中が激変し、コロナによる民族の消滅の恐ろしい時代が突然襲来し、先進国という名誉も、希望も、友愛も失われ、自身を守ることだけで精一杯の世界に変貌してしまいました。私共は、75年前の戦後の生活の苦しさ、人間愛の尊さを体験しました。そして、平和の大切さを知り、国際交流を熱心に行ってきました。貧困国の悲しさを体験している私共の年代で示していく義務とも思って、ケアの活動を始めましたのに。一日も早いコロナの終息を願うばかりです。

     

    (掲載日:2020年10月)

ケア・サポーターズクラブ佐賀

  • 会長 中川原 三和子 様

    平成28年10月5日、ケア・サポーターズクラブ佐賀は、女性役員7名と指山顧問の計8名を発起人として、活動をスタートしました。其々が医療、法律、教育、経済のプロフェッショナルで、社会の問題意識の高い素晴らしいチームです。私たちは、佐賀らしい活動を心掛け、世界から日本、そして地元佐賀にもしっかりと目を向け、弱い立場の人々、困難な状況にある方々に何ができるか、役員全員で話し合いながら進めてきました。

     

    今年は、新型コロナウイルスで集まれない状況の中、WEB会議やホームページの立ち上げ、佐賀県独自のふるさと寄付金の活用などを検討しています。美しい地球を守り、だれも取り残されることのない平和な世界、そのような時代が来ることを夢見て、“さがんもん”チームは、これからも頑張ります。

     

    (掲載日:2020年10月)

ケア・サポーターズクラブ鹿児島

  • 会長 清川 照美 様

    地球上には人権問題、経済の問題、解決しなくてはならない課題が沢山あります。私共の個人の力は微力ですが、心を一つにすることで、「地球のために」「人類のために」お役に立てればと思います。CAERを通じ、ケア・フレンズ東京 会長の安倍様から頂いたお言葉「ボランティアは心を一つにする事」を体現していけたらと思っております。すべてがこれからです。皆様方のご意見を聞きながら、鹿児島らしく進んで参ります。

     

    (掲載日:2020年10月)

CAREを知る TOPに戻る

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE