寄付で支援する
Facebook
Twitter

Diversity & InclusionからSocial Impactにつなげるキャンペーンをともに推進

Diversity & InclusionからSocial Impactにつなげるキャンペーンをともに推進(デロイト トーマツ グループ)

デロイト トーマツ グループは、全世界150ヵ国以上で33万人超の専門家を擁する、世界最大規模のビジネスプロフェッショナルネットワーク「デロイト」の一員であり、約14,500名の専門家を擁する日本最大級の総合プロフェッショナルファームです。2021年より、同グループのD&I(ダイバーシティ&インクルージョン)チームおよびCSRチームの皆さまとの連携により、歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーンをともに推進いただいています。同グループでは、ダイバーシティ&インクルージョンを重要な経営課題の一つと位置づけ、一人ひとりが最大限のバリューを発揮できるインクルーシブな環境創りや風土醸成に向けた取り組みを推進。当該キャンペーンにおいても、ジェンダー、言語・カルチャー、 セクシュアリティ、障がいの有無など様々な違いを超えてSocial ImpactへのSmall Stepの一助になりたいという意思をもつ多様な社員の皆さまにご参加をいただいています。

〔支援法人ウェブサイト〕
デロイト トーマツ グループ

〔関連サイト〕
コロナ禍のもと、健康と国際協力に向きあう―CSRとD&Iが一丸となって推進する新たな社会貢献の形― |D-nnovation|Deloitte Japan



Empowering campaign together, while connecting for Social Impact from Diversity & Inclusion

Deloitte Tohmatsu Group is a member of "Deloitte"-the world’s leading network of business services, with approximately 14,500 professionals in Japan, out of 330,000 professionals in more than 150 countries worldwide. Since 2021, we have been working with their D&I (Diversity & Inclusion) and CSR teams to promote the Walk in Her Shoes campaign. Diversity and Inclusion is one of the most important management principles at Deloitte Tohmatsu Group, and have been empowering various initiatives to create an inclusive environment and corporate culture so each individual can demonstrate their full potentials and value. Having said that, wide range of members have been participating in our campaign to bring further social impact from the small steps, regardless of various differences -such as gender, language, culture, sexuality, or disability.

Deloitte Tohmatsu Group
法人支援に戻る

他の事例

  • ガーナ貧困地域におけるソーシャル・ビジネス(味の素株式会社)

    ガーナ貧困地域におけるソーシャル・ビジネス

  • マルチ・パートナーシップで実現する開発支援(公益財団法人味の素ファンデーション)

    マルチ・パートナーシップで実現する開発支援

  • ブランドコンセプトとの親和性の高い活動を支援(ALLIE)

    ブランドコンセプトとの親和性の高い活動を支援

  • ECC地球救済キャンペーンを通じた支援(株式会社ECC)

    ECC地球救済キャンペーンを通じた支援

  • 花王ハートポケット倶楽部による寄付(花王株式会社|花王ハートポケット倶楽部)

    花王ハートポケット倶楽部による寄付

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE