寄付で支援する
Facebook
Twitter

ウォーキングパートナーの取組紹介vol.9〜日産自動車編〜

3月8日の国際女性デーから実施中の歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーンには、多くの企業様にもご協力いただいています。その中で、社員さまが団体参加をする「ウォーキングパートナー」のお取り組みについて、シリーズで紹介します。
第9回は、30年近くCAREを支援し、2017年からはタイでも協働事業を実施している、日産自動車さんです!

🎤まずは、参加企業さまのご紹介
をお願いします。 

日産は、「よりクリーンで安全、そしてすべての人に平等な機会が与えられる社会」を目指し、グローバルで社会貢献活動を行っています。1993年よりケア・インターナショナル ジャパン様の法人会員となり、CARE様を通じて国際貢献活動への支援を行ってきました。
2017年からは「ユース リーダーシップ ディベロップメント プログラム」でタイの中高生向けに、理数系(STEM)教育を通じたリーダーシップ育成事業を実施しています。現地法人のタイ日産自動車会社の従業員もキャンプに参加し、講義を行うなどさまざまな支援を行っています。CARE様の強みであるジェンダー教育をベースにしたプログラムは、ダイバーシティを企業活動の柱とする日産ならではの取組みとして、現地従業員、地域社会双方からの評価が高い活動に成長しています。

🎤キャンペーンご参加の決め手は何でしたか。

Walk in Her Shoesはこれまでも社内イントラでの参加呼びかけや、プロボノとしての従業員参加などは行ってきましたが、今回初めてウォーキングパートナーとして参加することとなりました。
コロナ禍のため、大勢で集まって行う社会貢献活動ができないなかで、このWiHSは各自が個別に取り組むことができる、社会貢献もできる、在宅勤務が中心となった生活での健康効果増進も期待できる、という良いことづくめの活動で、当初の募集定員300名を大きく上回り、現在414名が参加しています。

🎤キャンペーンに関わる社内でのお取り組みについて教えてください。

4月9日(金)にはケア・インターナショナル ジャパン高木様をお招きし、オンラインミーティングを昼休み時間に開催しました。初めての試みでしたが参加者からは、「NGOから直接お話を聞ける機会は貴重で、女性と水問題への課題や取組みがよくわかった」、「WiHSのモチベーションアップになった」という声が多数ありました。
従業員が数多く参加できる社会貢献活動の実施は難しい状況ですが、このWiHSを通して、従業員の社会課題への理解を深め、少しでも社会課題の解決に貢献できれば幸いです。

関連情報

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 「国際COVID-19サミット:パンデミックの終息とより良い復興」に関する要望書を提出しました

    「国際COVID-19サミット:パンデミックの終息とより良い復興」に関する要望書を提出しました

  • ファンドレイジング・インターンを募集します

    【12月開始】ファンドレイジング・インターンを募集します

  • アフガニスタン情勢:生徒たちが学校に戻れるのかを注視しており、女子生徒が自宅待機になっていることを深く憂慮しています

    アフガニスタン情勢:生徒たちが学校に戻れるのかを注視しており、女子生徒が自宅待機になっていることを深く憂慮しています

  • アフガニスタン情勢:人道支援がこれまでにないほど求められています

    アフガニスタン情勢:人道支援がこれまでにないほど求められています

  • 【重要】緊急事態宣言解除に伴う業務体制についてのお知らせ

    【重要】緊急事態宣言延長に伴う業務体制についてのお知らせ

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE