寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

緊急支援物資が、ウクライナ西部の都市リヴィウに到着しました

(2022年3月1日)

ウクライナの人道的危機は、時間とともに悪化しています。

今、CAREのパートナー団体である「People in Need」が、可能な限り迅速に支援を提供しています。すでに緊急支援物資を積んだ最初のトラックが、ウクライナへと向かい、緊急物資の配布が始まっています。物資には、日持ちのする食品や衛生用品、おむつ、寝袋、マットなどが含まれます。

ここ数日で、50万人以上のウクライナの人々が近隣諸国へ逃れています。そして、今後48時間で100万人を超えると予想されます。

CAREオーストリアのエグゼクティブ・ディレクターであるAndrea Barschdorf-Hagerは、次のように伝えます。

「People in Need」の緊急救援チームが今、ウクライナ西部の都市リヴィウにいます。ロシアによる攻撃の脅威を警告するサイレンが鳴り響く中、何万人もの国内避難民がウクライナ西部の都市に流入しています。

また、 「People in Need」の人道援助責任者であるMarekŠtys氏は、「私たちは、今後、数日で一気に難民の数が増えると予想しています」と、ウクライナから訴えます。

さらに、別のCAREの緊急支援チームは、スロバキア国境で活動を始めています。同チームは、他の人道支援団体と協力して、国境を安全に越えるのを待っている人々をサポートしています。国境では、救援物資や輸送手段のほか、難民には多くの子どもたちが含まれるため、プライバシーが保たれるようテントなどシェルターを提供しています。

モルドバ近くのルーマニア国境でも支援が必要です

ここでは、人々は越境するために何マイルも続く列を作り並んでいます。水、食糧、そして衛生用品が不足しています。加えて、ウクライナから近隣諸国へのすべての国境検問所では、救援物資と移動式トイレなどの衛生設備が緊急に必要とされています。

最近では、子どもたちだけで、国境を越えてくることもあります。

「両親はウクライナにとどまることに決めた一方で、子どもたちは安全な場所に避難させたいのです」と、「People in Need」の職員はいいます。

 今すぐ支援する


関連記事

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
活動レポート一覧に戻る

最新レポート

  • ウクライナ人道危機:国内に留まり活動を続けるボランティアを支援しています

    ウクライナ人道危機:国内に留まり活動を続けるボランティアを支援しています

  • 【こどもの日】ウクライナの子どもたちの瞳に映る、戦争を紹介します

    【こどもの日】ウクライナの子どもたちの瞳に映る、戦争をご紹介します

  • ウクライナ人道危機:国内に留まる5万人に対して緊急支援を提供しました

    ウクライナ人道危機:国内に留まる5万人に対して緊急支援を提供しました

  • ウクライナ人道危機:スロベニア赤十字と6台のトラックで水や食糧などを届けました

    ウクライナ人道危機:スロベニア赤十字と6台のトラックで水や食糧などを届けました

  • ウクライナ人道危機:精神科医に緊急心理社会的カウンセリング研修を実施しています

    ウクライナ人道危機:精神科医に緊急心理社会的カウンセリング研修を実施しています

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE