寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter
Instagram

ウクライナ支援~トラウマを抱える子どもたちを癒す、様々な回復プログラム

戦争のような極限状態を経験した人々の多くは、心に深い傷を負っています。状況を理解できないまま、避難を余儀なくされた子どもたちはなおさらです。

CAREは精神科医や心理社会福祉士によるカウンセリングのサポートなどを提供していますが、そういった専門家と話をすることに抵抗がある子どもたちも少なくありません。そこで、スポーツやアートなど様々な要素を組み合わせたプログラムを提供し、楽しみながらストレスやトラウマの解消ができるようにしています。

■伝統的な花飾りのワークショップ

 

ワルシャワのコミュニティガーデンで、ウクライナ難民と近隣のポーランド人を対象に、ピクニックと伝統的な花の頭飾りを作るワークショップを開催しました。ウクライナの伝統的な歌を歌いながら、女性たちは新鮮な花を使って精巧な頭飾りを組み立てました。新しい土地で孤独を感じている子どもたちにとって、このワークショップは、新たな友達ができる良い機会になりました。

■「サマー・イン・ザ・シティ」プログラム

 

夏季には、CAREとパートナー団体であるPCPM(ポーランド国際援助センター)、そしてポーランドの自治体による共同で、「サマー・イン・ザ・シティ」というプログラムを行いました。

これは、ワークショップやその他のレクリエーション活動を提供するもので、ウクライナ人の子どもたちがポーランド社会に溶け込むことを目的としています。また、このプログラムは継続的な放課後プログラムの一部となり、保護者の就業も同時に支援することになります。


ルーマニアの「スナゴフの森」と呼ばれるオリンピック・スポーツクラブでは、教育とアート、スポーツを組み合わせたプログラムを提供しています。これまでに500人以上がこのプログラムに参加しました。支援にあたる精神科医や講師たちからのメッセージ動画を、ぜひご覧ください。

All images by Raegan Hodge

関連情報

お問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 国際ガールズ・デー:ネパールで「遠隔地の学校における教室改修支援事業」を開始しました

    国際ガールズ・デー:ネパールで「遠隔地の学校における教室改修支援事業」を開始しました

  • ファンドレイジング・インターンを募集します

    【応募条件緩和!】ファンドレイジング・インターンを募集します

  • モロッコ地震:緊急支援物資の第一弾が被災地に届きました

    モロッコ地震:緊急支援物資の第一弾が被災地に届きました

  • 「モロッコ地震被災者緊急支援募金」へのお願い

    「モロッコ地震被災者緊急支援募金」へのご協力のお願い

  • 9月8日は「国際識字デー」~ 東ティモールの子どもたちへ学習雑誌を届けよう!

    9月8日は「国際識字デー」~ 東ティモールの子どもたちに学習雑誌を届けよう!

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE