寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter
Instagram

世界難民の日:ダダーブ難民キャンプの飲料水問題 ―難民とNGO職員のリアル

来る6月20日の「世界難民の日」によせて、ケニアにある世界最大級のダダーブ難民キャンプからCAREドイツ・CAREオーストリアの緊急連絡調整官のサラ・イースターが「子どもたちの歯と歯の間にはさまる泥  ―毎日300人の新規到着者により飲料水資源が足りなくなっている」とのレポートを送ってきました。

小さな男の子は足を引きずって近づいてきます。彼の母親は、自分で持てない息子の口元に器を持っていきます。バランスをとると、彼は飲みます。そして、私に微笑みかけます。白い歯の代わりに、泥と小さな石が口の中にあるのが見えます。ケニアのダダーブにある彼の新しい家の周りにあるたくさんの水たまりのひとつから水を飲んでいるのです。それが唯一の飲料水なのです。ダダーブは、ソマリアとの国境から90キロメートル離れた場所にある、世界最大級の難民キャンプです。13万5,000人以上の新規到着者たちが、キャンプ内の公式な場所の外で、古着や茂みの枝で作った仮設の小屋に住んでいます。

そのうちの一人がファトゥマさんです。私は彼女の家族の小屋の土間に座り、上を見上げます。古びた青いドレス、緑のスカーフ、チェックのショールなど、色とりどりの布が目に飛び込んできます。それらはすべて、家の屋根である大きな毛布を支えている枝の間の穴を覆っています。ファトゥマに「家族はどこで寝ているの」と尋ねると、彼女は床を指差しています。8人の家族が暮らしています。5人は外の広い空の下で寝ています。雨が降ったらどうするの」と尋ねると、彼女は赤い長いガーバッサー(ソマリアの女性が上半身を覆うために着るショール)を指差します。その下に3人の小さな孫を入れ、一緒に雨が止むのを待ちます。そして、自分たちの頭の上に家が倒れてこないようにと祈ります。ファトゥマさんからそう聞かされたとき、私が思い浮かべたのは、前夜のことです。ファトゥマさんが孫を服の下に抱きかかえ、子どもたちの頭の上で屋根が崩れている間、私は石壁でできた建物のベッドで寝ていました。雨が降り始めたことを喜び、安定した屋根に落ちる雨粒の音に癒されていました。

難民居住区に向かう途中、深い水域を車で走ります。先週の大雨で、道路は完全に水没してしまいました。車輪の回転が速く、路面へのグリップが失われ、車が再び固い地面に触れるまでの数秒間、ドリフトし始めるのです。同じ道を、人道支援物資を必要としている人たちに届けようとする人たちが移動しています。水面下の深い泥の中で立ち往生しているトラックとすれ違います。私は、小屋の中で生きるために必要な援助を待っている家族のことを想像します。どれだけの食糧トラックが遅れをとり、またこの時間にどれだけの安全な飲料水を積んだトラックが空の水タンクを満たし始めることができなくなってしまっているのだろうか。

CAREは、キャンプ内での正式な居住場所が割り当てられるまでの時間を待つ新規到着者たちが暮らしているキャンプ外の場所に、貯水タンクを設置しました。そこでは、10世帯ごとに水道の蛇口があります。郊外にはそのようなインフラは存在しません。5,000リットルの水槽に蛇口1つで150世帯分、約1,000人分です。タンクには1日2回、飲料水が入れられます。私が写真を撮っている間にも、キャニスターを持った女性たちが長い列を作って、水を汲む順番を待っています。何時間も、時には何日も、水が来るのを待つこともあるといいます。私がある女性と話していると、女性たちの間で口論が始まりました。タンクが空になる前に水を汲もうと、互いに押し合いへし合いしているのです。次の給水車がいつ来るかも分からないまま、列の最後尾にいる女性たちは手ぶらで帰宅しなければいけません。その結果、母親たちは子どもたちに水たまりから泥水を飲ませるという以外に方法がないのです。女性たちが20リットルのキャニスターに水を入れるチャンスを求めて争い、押し合うなか、私はその日の朝に浴びたシャワーのことを考えています。5分間シャワーを浴びると、60リットルの水が使われます。3人の女性がキャニスターに水を入れて、飲み水として使ったり、子どもたちのために料理を作ったりすることもできたはずです。

「水がない」「食べ物がない」
「家が倒壊した」「子どもたちが弱っている」
ここに住む家族と話をするたびに耳にする言葉です。洪水と大雨は、彼ら・彼女らのストレスに拍車をかけています。
洪水と大雨は、彼ら・彼女らがすでに耐えているストレスに拍車をかけています。資源は限られています。
経済的な支援は縮小する一方、毎日300人ほどが新たにこの地に定住しています、
そのため、資源はさらに不足しています。CAREは、減少する資金、異常気象、新規到着者の多さなど、乗り越えられない困難に立ち向かうなか、国際社会にさらなる支援資金を求めています。


「緊急支援基金」へのご協力のお願い

紛争や災害が発生した際には、初動が非常に重要です。そして、初動活動には、通常の開発事業とは別に、緊急時に直ちに拠出できる資金(プール資金)が必要です。予測が難しい地震、津波、台風、サイクロン、洪水、干ばつ、そして感染症の拡大など、世界各地で多発する自然災害に加えて、長期化する紛争等による難民や避難民の深刻な人道危機などへの迅速かつ効果的な対応にあたり、平時からの資金の確保が不可欠で、円滑な初動活動を行えるよう、「緊急支援基金」へのご支援が必要です。 国内外で今後起こり得る災害等における初動(緊急調査や緊急支援活動等)への活動資金として、有効に活用させていただきます。

関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 国際女性デー2024 オンライン写真展「水 x 投資」

    国際女性デー2024 オンライン写真展「水 x 投資」

  • ネパール ー国際女性デー2024 オンライン写真展「水 x 投資」

    ネパール ー国際女性デー2024 オンライン写真展「水 x 投資」

  • 東ティモール ー国際女性デー2024 オンライン写真展「水 x 投資」

    東ティモール ー国際女性デー2024 オンライン写真展「水 x 投資」

  • ウクライナ侵攻から2年: 最前線での生活は毎日が宝くじ

    ウクライナ侵攻から2年: 最前線での暮らしは毎日が宝くじ

  • ファンドレイジング・インターンを募集します

    【急募】ファンドレイジング・インターンを募集します

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE