寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

ウクライナ人道危機:多様性への配慮 ~地元団体と連携して、きめ細やかな支援を行っています

CAREは、長期化が懸念されるウクライナにおける戦争の只中において、今、弱い立場におかれた人々が搾取の危険にさらされないように、現金、避難所、食糧、継続的な収入を助けるための支援を提供しています。

私たちは、難民が国境を越えて休むための暖かく安全なスペースを提供するとともに、日持ちのする食品、寝袋、おむつ、その他の必需品をウクライナに送るために、地元のパートナー団体を支援しています。

「ジェンダーに配慮した人道的対応を確実にするための最良の方法の1つは、ウクライナの女性組織や、障がい者などの特定のグループなど、現地で活動している団体に対して、資金を提供することです。

私たちCAREは、グローバルレベルでのウクライナ人道支援計画を練りつつ、同時にこのような地元の団体が活動できるよう、サポートをしています。同団体が有する地元に関する知識、スキル、ネットワークは、今、絶対的に必要かつ重要だからです」と、CAREの緊急メディアマネージャーのナインジャ・タポロギーは強調します。

CAREはまた、周辺国がウクライナ難民の性別、年齢、障がいの状況に関するデータを収集するよう求めています。これにより、難民の人口統計を正確に理解することができ、彼ら彼女らのニーズを効果的に満たすことができると考えています。

CAREは、引き続き、東ヨーロッパで最大のNGOの1つであるPeople in Needと連携し、ウクライナ国内での人道援助を提供しています。また、今後、ウクライナからルーマニアに逃亡する人々を支援するために、ルーマニアで20年にわたる長期パートナーであるSERA(児童保護に焦点を当てた組織)とも協力をしていきます。


ご支援方法についてのご案内

 クレジットカードでのご寄付の場合:
こちらから「今回の寄付」をご選択の上、寄付の使途は「ウクライナ危機緊急支援事業」をお選びください。
各種クレジットカードをご利用いただけます。

郵便局からのご寄付の場合:
<口座番号> 00150-4-49006
<加入者名> 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
※郵便局窓口にて、振込手数料が無料の口座である旨お申し出ください。
※お振込いただく際は、振込み用紙の通信欄に必ず「ウクライナ(W)」と明記してください。記載がない場合は一般寄付としてお取り扱いいたします。

寄付金については「寄附金控除」の対象となります。
個人および法人の皆さまからのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。なお、個人の皆さまへの領収書は、ご希望いただいた方にのみ発行させていただきます。必ず通信欄にその旨明記していただくようお願い申し上げます。

【領収書発行を希望する皆様へ】
寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。
オンライン寄付の場合:「領収書の送付」の項目にチェックを入れて下さい。
郵便局からのご寄付の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

*当財団は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当面の間、すべての職員に在宅勤務を奨励していることから、領収書の発送が大幅に遅れる可能性がございます。予め、ご了承ください。


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: bokin@careintjp.org
活動レポート一覧に戻る

最新レポート

  • ファンドレイジングインターンのご紹介

    ファンドレイジングインターンをご紹介します

  • 広報インターンの活動:6か月の活動を報告します

    広報インターンの活動:6か月の活動を報告します

  • 動画で見る「東ティモール視察報告」が完成しました

    動画で見る「東ティモール視察報告」が完成しました

  • 動画で見る「2022年度年次報告書」が完成しました

    動画で見る「2022年度年次報告書」が完成しました

  • 2022年度年次報告書が完成しました

    2022年度年次報告書が完成しました

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE