寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
X
Instagram
Youtube

ガザ情勢:現地チームとの連絡が絶たれました

現地時間27日夜、通信途絶により、ガザのチームとの連絡が絶たれました。ヨルダン川西岸・ガザ事務所のヒバ・ティビ所長は、同僚とすべての市民の安全に深い懸念を示し、即時停戦を強く求めています。

「昨夜から、私たちはガザにいる同僚や家族、愛する人たちとの連絡を絶ちました。通信が完全に遮断され、この3週間で、最も激しい砲撃と空爆が行われたといわれています。

停電になる前、ガザにいるチームは、この状況をホラー映画のようだと語り、子どもたちを抱きしめて眠らせるようにしなければならないと付言していました。

ガザ地区の230万人、その半数は子どもたちで、前例のない大惨事に直面しています。

パンは配給制となり、家族は飢餓状態に陥っています。10月9日以降、安全な水は極端に不足しており、多くの人が安全ではない水を飲んでいます。医療は崩壊し、病院は燃料や医薬品が不足して閉鎖され、医師は消毒液や麻酔すらない状態で手術を行っています。同様に心配なのは、過密状態の避難所で蔓延している皮膚病や下痢の症状です。

私たちは、この深刻な危機が壊滅的なレベルに達する前に、即時停戦することを強く求めます。人道支援従事者が、援助を必要とする人々を助けることができるよう、安全で妨げのないアクセスを確保しなければなりません。

人道支援従事者を含む一般市民は保護されなければならず、医療ミッションは常に尊重されなければならないという、明確でシンプルな国際人道法は遵守されなければなりません。退避勧告が出された地域に閉じ込められた一般市民も、国際法の下で保護されなければなりません。

今後数日間、何が待ち受けているのか、そして私のチームの安全が非常に心配です」と、ヒバ・ティビ所長は訴えています。


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 6月20日「世界難民の日」:希望の灯を絶やさぬよう、紛争・被災地域において最も弱い立場におかれた人々にフォーカスした支援を行っていきます

    6/20「世界難民の日」:希望の灯を絶やさぬよう、紛争や被災地域において最も弱い立場におかれた人々にフォーカスした支援を行っていきます

  • 本などの寄付「1件につき500円上乗せ&買取金額10%UPキャンペーン」を実施しています

    【6/30(日)まで】本などの寄付「1件につき500円上乗せ&買取金額10%UPキャンペーン」を実施しています

  • マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

    【6/30(日)まで】マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

  • 東京マラソン2024チャリティを終えて:海外参加者の声 / Charity Runners’ voice : Tokyo Marathon 2024

    東京マラソン2024チャリティを終えて:海外参加者の声 / Charity Runners’ voice : Tokyo Marathon 2024

  • 東京マラソン2024チャリティを終えて:国内参加者の声

    東京マラソン2024チャリティを終えて:国内参加者の声

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE