寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

2023年3月5日開催東京マラソン2023

チャリティランナー募集

2022711(月) 受付開始!

ケア・インターナショナル ジャパンは、東京マラソン2023チャリティの寄付先団体です。 東京マラソン2023チャリティ公式ウェブサイト https://www.marathon.tokyo/charity/

Wolfgang Gressmann/CARE

ENGLISH

ウクライナなどの紛争地域や途上国で

今、困難を抱える女性女子を支援

2022年7月11日(月)より、ジェンダー平等に取り組み、貧困のない世界を目指すケア・インターナショナル ジャパンの活動を応援してくださるチャリティランナーを募集します。

「東京マラソン2023チャリティ」は、東京マラソンを通じて、日本における寄付に対する社会的な理解を深め、チャリティへの支援の輪を広げるための取り組みです。

お申込み後、審査・決定を経て、一定金額をご寄付いただくことにより、当財団のチャリティランナーとして出走いただけます。詳細は、以下をご覧ください。

公式サイト 東京マラソン2023 チャリティ公式ウェブサイト https://www.marathon.tokyo/charity
開催日 2023年3月5日(日)開催

参加申込方法

東京マラソン2023チャリティを通じた当財団へのご寄付には、
以下の2つの方法があります。

1.チャリティーランナーとして走る

東京マラソン2023チャリティ
公式サイトで申込
受付期間 7月11日(月)10:00 ~7月24日(日)23:59
申込方法 東京マラソン財団チャリティ『RUN with HEART』公式ウェブサイトで、寄付先として「ケア・インターナショナルジャパン」を選択し、必要事項をご入力ください。
《7月11日午前10時(予定)以降でないと、お申し込みはできません》
決定条件 ・寄付申込時に入力いただいた寄付金額の高い順に決定します。
・同額で複数の申込があった場合は、「チャリティへの想い・メッセージ」欄に記入いただいた内容をもって審査し決定します。
募集人数 75人

※先着順ではありませんので、受付期間内に余裕をもってお申込みください。

ご寄付の決済およびチャリティ
ランナーとしての登録
決定の
ご連絡
7月25日(月)~7月27日(水)
東京マラソンエントリー事務局より、決定された方へメールでご案内が届きます。
寄付のご入金 7月25日(月)〜8月5日(金)23:59
上記、決定のご案内メール内に記載された方法にて、ご入金ください。
※入金期日を過ぎますと、決定が取り消されますのでご注意ください。
※いかなる場合でも、寄付金の返金は致しかねます。ご了承の上、お申込みください。
ランナーエントリー 8月8日(月)~ 8月19日(金)17:00
寄付金の入金が確認されましたら、東京マラソンエントリー事務局よりご案内メールが届きます。
メール内に記載された、エントリーフォームよりご登録ください。
寄付金額 お一人様10万円以上
参加料 上記寄付金のほか、別途、東京マラソン2023参加料などのお支払いが必要です。
※詳細については、上記公式ウェブサイトでご確認ください。
寄付者プログラム(特典)
  • 今大会限定!速乾性スポーツTシャツとCAREオリジナルグッズをプレゼント
  • CAREチャリティランナー限定オンライン交流会へのお誘い
  • 活動報告会、ニュースレター、メールマガジン等での活動のご報告(寄付使途のご説明)

※ご寄付のみのお申し込みも受け付けています。詳細はケア・インターナショナル ジャパンまでお問い合わせください。

2.法人として社員の参加を支援・促進する

法人として社員の参加を支援・促進する

東京マラソン2021の様子

企業や団体の皆さまには、法人としてご寄付をいただくことで、社員の皆さまにチャリティランナーとして走る機会を提供することができます。ぜひ、SDGsへの貢献や社員の皆さまの健康増進、また福利厚生の一環として、ご検討をいただければ幸いです。

全てのチャリティランナーの皆さまに向けた寄付者プログラム(特典)に加えて、法人参加の皆さまには、社内での活動報告会の実施や感謝状の発行など、ご希望に応じた特別プログラムもご用意させていただきます。

※募集枠に限りがありますので、ご関心のある法人の皆さまにおかれましては、お早めにまずは下記までお問い合わせください。詳細につきまして、ご案内をさせて頂きます。

お問い合わせ先 ケア・インターナショナル ジャパン マーケティング部 轟木
event@careintjp.org

アンバサダーメッセージ

マラソンで変わった人生

8年前、66歳で初めてフルマラソンを走って病みつきになった。それ以来フルマラソンは年に2回ほど、30キロマラソンやハーフマラソンは毎月走っている。

おかげで体力の衰えは全く感じないし、老若男女のランニング仲間も増えた。高校の頃、病気で休学したことを思うと、74歳でフルマラソンができるまで健康になった事はありがたい。

マラソンはそれ自体楽しいが、それが誰かのためになると思うとなおさら走る気になる。走っていて苦しい時があるが、そんな時はもっと苦しい生活を長期にわたって続けている難民や途上国の女性や子供のことを考えると、もっと頑張ろうという気持ちになる。

皆さんも、東京マラソン2023チャリティに参加して人生を変えるきっかけにしませんか?

滝澤三郎
滝澤三郎

滝澤三郎
東洋英和女学院大学名誉教授
ケア・インターナショナル・ジャパン副理事長

あなたのご寄付が、困難を抱える女性や女の子たちの未来を支えます

例えば…10万円のご寄付では

  • アジアの女性や女の子たちの未来を支えます

    ウクライナから赤ちゃんと避難した母親10人が、
    おむつ、おしりふき、粉ミルク、離乳食、魔法瓶など、 乳幼児キット
    受け取ることができます。

    ⒸCARE
  • アジアの女性や女の子たちの未来を支えます

    コミュニティスクールに通う
    50人の女の子が、
    必要な教材一式を受け取ることができます。

    ⒸJohn Hewat/CARE
  • アジアの女性や女の子たちの未来を支えます

    コロナ禍において、30人の家族が、
    生理用品や石けんを含む
    3か月分の衛生キット
    受け取ることができます。

    ⒸCARE

女性や女子は、教育、就業や結婚など、様々な機会で平等に扱われていません。
不平等な制度や環境下では、貧困から抜け出すことは容易ではありません。

CAREは知っています。
女性たちが、基本的な保健・教育サービス、家計や収入にアクセスし、コントロールする機会を持つことができれば、自分の暮らし、家族の暮らし、そしてコミュニティ全体を良くするチカラがあるということを。

私たちは、女性と女子を活動の中心にすえ、彼女らが能力を発揮し、経済的にも社会的にも自立できるような社会の実現を目指しています。

東京マラソン2023チャリティを通じた皆さまからのご寄付は、ケア・インターナショナル ジャパンが実施する、ジェンダー平等の推進および貧困削減のための活動に充てさせていただきます。

アジアの女性や女の子たちの未来を支えます

寄付金控除について 

ご希望の皆さまには、寄付金の領収書を発行させていただきます。ケア・インターナショナル ジャパンへの寄付金は、公益法人へのご寄付として、一定の要件の下、所得税等の優遇措置の対象となります。

確定申告を行うことで、寄付金・会費の最大約50%が戻ってきます(個人の皆さま)。

詳しくはこちら

本件に関するお問い合わせ
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン (東京マラソン2023チャリティ担当)

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE

東京マラソン財団チャリティ『RUN with HEART』公式ウェブサイト