寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter
Instagram

【4/22(土)08:50】LiveRunとのコラボレーションイベントを開催します

ライブラン(LiveRun)は、アプリをスマートフォンにダウンロードするだけで、遠く離れた人たちとも繋がりながら歩く(走る)ことができるプロブラムです。

当日は、ライブランのMCが皆さんのウォーキング(ランニング)の様子を実況しつつ、ケア・インターナショナル ジャパンが東ティモールで実施する「農業用水改善事業」のプロジェクト・マネージャーを務める伊藤洋子が現地より参加して、活動状況や現地の様子をお話します。

皆さまのご参加をお待ちしています!


日時:2023年4月22日 (土)
8:50am 放送開始
9:00am ウォーク(ラン)スタート
9:40am クールダウン、感想紹介
9:50am 放送終了
■場所:各自どこでも好きな場所から(聴くだけの参加も大歓迎です)
■必要なもの:スマートフォン、イヤホン、ライブランアプリ
■参加費:無料
■参加ステップ:
1) ライブランアプリをダウンロードする(アイフォンアンドロイド
2) ライブランアカウントを作成
*必ず位置情報の許可をオンにしてご参加ください。「常に許可」を選ばないとスマホがスリープモードに入ったときに距離加算が止まってしまうことがありますのでご注意ください。
3) イベント当日に「WiHSスペシャル」セッションに参加!
4) MCとゲストの生放送を聴きながら楽しくウォーキングまたはランニングしましょう!

※キャンペーンに参加していなくてもご参加いただけます。お友達をお誘いあわせのうえ、皆さまでご参加ください。

ライブランのブログはこちら

ゲスト プロフィール

ゲスト プロフィール

伊藤 洋子(ケア・インターナショナル ジャパン)
アジアやアフリカなど7か国の開発や人道支援プロジェクトで働いたことがあります。2021年5月からケア・インターナショナル ジャパンの農業プロジェクトのプロジェクト・マネジャーとして東ティモールで働いています。プロジェクトの現場は山岳地帯にあり、とても風光明媚なので、現場に行くのが楽しみです。普段は、首都のディリに駐在しているので、週末は海沿いをジョギングしています。

農業用水改善事業について

当事業は、アジアの最貧国の1つ「東ティモール」で実施しています。活動を行うエルメラ県アッサベ郡では、住民の多くが零細農業を営んでいますが、農業生産性は低く、生業状況は脆弱なため、貧困度が高い地域となっています。背景には、気候変動に伴う天候不順や乾季の水不足などがあり、この地域の農業を妨げています。
そこで、私たちCAREは、貯水タンクや点滴灌漑設備などを設置し、山間部の水源から村、そして畑へと水を引くことで、安定的な農作物の収穫を目指しています。
さらに、主に女性や子どもたちの役割とされる水汲みや水撒き作業を不要にすることで、女性の農作業負担を軽減します。

 

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2023」について

安全な水を手に入れることが難しい国や地域の女性や女の子は毎日約8,000歩(約6km)の道のりを歩きます。教育や就労など、人生のたくさんの機会を「水汲みのための時間」に費やしています。

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2023」は、そんな「彼女の身になって」歩く、シンプルで健康的な国際協力です。今年で12回目の開催となります。詳しくはこちら

お問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン キャンペーン担当
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375 Email: wihs@careintjp.org

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 【寄付月間】クラウドファンディングを開始!戦争下での2度目の冬を迎えるウクライナの人々を支援

    【寄付月間】クラウドファンディングを開始! 戦争下での2度目の冬を迎えるウクライナの人々を支援

  • 冬募金へのご協力のお願い:相次ぐ大規模災害 家を失った被災者たちが迎える冬

    冬募金へのご協力のお願い:相次ぐ大規模災害 家を失った被災者たちが迎える冬

  • 事務局長 退任のご挨拶

    事務局長 退任のご挨拶

  • 広報インターンを募集します

    広報インターンを募集します

  • ゴディバ ジャパンが販売する「ROSALIE(ロザリー)」を通じたチャリティが決定しました

    ゴディバ ジャパンが販売する「ROSALIE(ロザリー)」を通じたチャリティが決定しました

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE