寄付で支援する
Facebook
Twitter

社会貢献と紐づけて、消費者である母親層に訴求する商品を

社会貢献と紐づけて、消費者である母親層に訴求する商品を

2008年から2015年までの期間、丸紅株式会社より、同社が輸入して日本において販売するフィリピン産バナナならびに台湾産マンゴー(寄付付商品名「ブラボー」)の売上の一部をご寄付いただき、極度の貧困や差別により困難に直面しているアジアの女性や女子たちの支援に活用させていただきました。また、ダイエーや相鉄ローゼンなどの店舗にもご協力いただき、店頭でのパネル設置を行うなど販売促進につなげました。2011年には、寄付金の一部を、東日本大震災被災者支援事業にも充当。別途、無償で提供いただいた約7トン分のバナナを、当財団の宮古事務所(当時)を通じて、岩手県の被災者約26,500人に届けました。「"こころ"も"おなか"もいっぱいになろう!」というキャッチコピーとともに、たくさんの笑顔が生まれました。また同社には、長年に亘り、社員の皆さまのご協力を通じて、書き損じはがきや未使用切手などを収集いただき、ご寄付を頂いています。

SDG17パートナーシップ・レポートも併せてご覧ください。

〔支援法人ウェブサイト〕
丸紅株式会社

法人支援に戻る

他の事例

  • ガーナ貧困地域におけるソーシャル・ビジネス(味の素株式会社)

    ガーナ貧困地域におけるソーシャル・ビジネス

  • マルチ・パートナーシップで実現する開発支援(公益財団法人味の素ファンデーション)

    マルチ・パートナーシップで実現する開発支援

  • ECC地球救済キャンペーンを通じた支援(株式会社ECC)

    ECC地球救済キャンペーンを通じた支援

  • 花王ハートポケット倶楽部による寄付(花王株式会社|花王ハートポケット倶楽部)

    花王ハートポケット倶楽部による寄付

  • 「誰一人取り残さない」という基本理念と重点目標であるSDG4への貢献

    「誰一人取り残さない」という基本理念と重点目標であるSDG4への貢献

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE