寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
X
Instagram
Youtube

ガザ 武力衝突 1か月:「即時の人道的停戦が必要」と国連機関やCAREを含むNGOの18人の代表は訴えます

ケア・インターナショナル事務総長のソフィア・シュプレヒマン-シネイロを含む機関間常設委員会(IASC)の代表18名は、5日、声明を発表し、人質の即時解放、人道的アクセスの拡大、即時の人道的停戦を訴えました。
*IASCとは、1991年に国連総会決議(46/182)に基づき設置された組織。国連機関やNGOなど複数の機関にまたがる人道支援にかかる諸事項・任務について、各機関が協議・調整を行う統括組織として機能している。

この1か月間、世界は、イスラエルとパレスチナ自治区で起きている、止まることのない人命が失われ、引き裂かれている事態を、衝撃と恐怖とともに見守ってきました。

イスラエル当局によれば、イスラエルでは約1400人が死亡し、数千人が負傷しました。子どもを含む200人以上が人質に取られました。ロケット弾は市民にトラウマを与え続けています。数万人が家を失いました。これは恐ろしいことです。

一方で、ガザでさらに多くの市民を殺害していることは、220万人のパレスチナの人々の食糧、水、医薬品、電気、燃料を遮断していることと同様、言語道断です。

ガザでは、保健省によると、3,900人の子どもと2,400人以上の女性を含む9,500人近くが死亡しました。2万3,000人以上の負傷者が、対応能力を超えた病院内で早急な治療を必要としています。

住民全体が包囲され、攻撃にさらされ、生存に必要なものへのアクセスが拒否され、住居、避難所、病院、礼拝所などで爆撃を受けています。このようなことは容認できません。保健所への攻撃は100件以上報告されています。

10月7日以降、88人の国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)職員を含む数多くの支援活動従事者が殺害されており、これは1つの紛争における国連の死者数としては過去最多となります。

私たちは、当事者が国際人道法および人権法に基づくすべての義務を尊重するよう、改めて訴えます。

私たちは、人質となっているすべての民間人の即時かつ無条件の解放を改めて求めます。

病院、避難所、学校など、民間人と彼ら・彼女らが頼るインフラは保護されなければなりません。

食糧、水、医薬品、そしてもちろん燃料など、より多くの支援物資が、安全かつ迅速に、必要な規模でガザに入り、困窮する人々、特に女性や子どもたちがどこにいても届くようにしなければなりません。

私たちには、即時の人道的停戦が必要です。もう30日が経ちました。もう十分です。今すぐ止めなければなりません。

署名:
• Mr. Martin Griffiths, Emergency Relief Coordinator and Under-Secretary-General for Humanitarian Affairs (OCHA)
• Ms. Sofia Sprechmann Sineiro, Secretary General, CARE International
• Ms. Jane Backhurst, Chair of ICVA Board (Christian Aid)
• Mr. Jamie Munn, Executive Director, International Council of Voluntary Agencies (ICVA)
• Ms. Anne Goddard, Chief Executive Officer and President a.i., InterAction
• Ms. Amy E. Pope, Director General, International Organization for Migration (IOM)
• Ms. Tjada D’Oyen McKenna, Chief Executive Officer, Mercy Corps
• Mr. Volker Türk, United Nations High Commissioner for Human Rights (OHCHR)
• Ms. Janti Soeripto, President and Chief Executive Officer, Save the Children
• Ms. Paula Gaviria Betancur, United Nations Special Rapporteur on the Human Rights of Internally Displaced Persons (SR on HR of IDPs)
• Mr. Achim Steiner, Administrator, United Nations Development Programme (UNDP)
• Dr. Natalia Kanem, Executive Director, United Nations Population Fund (UNFPA)
• Mr. Filippo Grandi, United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR)
• Ms. Maimunah Mohd Sharif, Executive Director, United Nations Human Settlement Programme (UN-Habitat)
• Ms. Catherine Russell, Executive Director, United Nations Children's Fund (UNICEF)
• Ms. Sima Bahous, Under-Secretary-General and Executive Director, UN Women
• Ms. Cindy McCain, Executive Director, World Food Programme (WFP)
• Dr. Tedros Adhanom Ghebreyesus, Director-General, World Health Organization (WHO)


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 6月20日「世界難民の日」:希望の灯を絶やさぬよう、紛争・被災地域において最も弱い立場におかれた人々にフォーカスした支援を行っていきます

    6/20「世界難民の日」:希望の灯を絶やさぬよう、紛争や被災地域において最も弱い立場におかれた人々にフォーカスした支援を行っていきます

  • 本などの寄付「1件につき500円上乗せ&買取金額10%UPキャンペーン」を実施しています

    【6/30(日)まで】本などの寄付「1件につき500円上乗せ&買取金額10%UPキャンペーン」を実施しています

  • マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

    【6/30(日)まで】マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

  • 東京マラソン2024チャリティを終えて:海外参加者の声 / Charity Runners’ voice : Tokyo Marathon 2024

    東京マラソン2024チャリティを終えて:海外参加者の声 / Charity Runners’ voice : Tokyo Marathon 2024

  • 東京マラソン2024チャリティを終えて:国内参加者の声

    東京マラソン2024チャリティを終えて:国内参加者の声

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE