寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

「世界の水問題・ジェンダー課題に向き合う! 『世界水の日』さくらチャリティーウォーク」を開催しました

3月21日、歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2022」の一環として、「世界の水問題・ジェンダー課題に向き合う! 『世界水の日』さくらチャリティーウォーク」を開催しました。
途上国の女性や女の子が水汲みのために一日に歩く距離約6キロを歩き、明治神宮外苑や迎賓館前、青山霊園等の都内の名所を回るコースを楽しみました。
ご参加いただいた107名の皆さま、誠にありがとうございました。

イベントでは、ルートの途中、みなみもと町公園と青山公園で団体紹介や途上国の水問題・ジェンダー問題を考えるクイズを実施、さらに、若葉東公園では、水運び体験を行いました。
これらのアクティビティは、スタッフとともに、津田塾大学の学生団体レアスマイル様や、横浜市立大学の学生団体TEHs様のメンバーにもご協力いただき、合わせて9名のボランティアさんとともに運営を行いました。

「6km歩くだけでも大変に感じたのに、発展途上国の女の子たちはさらに重い水を運んでいるというので、本当に大変なんだなと感じました」
「クイズを通じて世界の水問題、女性の問題を勉強できてよかった」
「家族や子供たちと一緒に世の中の問題点を話し合う、いい機会になりました」
などの多くの感想をいただきました。

また、歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2022」のジュニア・アンバサダーが10名参加されました。 ジュニア・アンバサダーは、キャンペーンの広告塔としてご活躍してくださっているガールスカウト日本連盟のメンバーで、「自分にできることをあらためて考えることができ、とても良い機会になりました」と感想を寄せていただきました。

改めて、本イベントに参加して下さった皆さま、商品、サービス提供を通じてご協力くださいました協賛企業の皆さまに、心からお礼を申し上げます。

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2022」について

安全な水を手に入れることが難しい国や地域の女性や女の子は毎日約8,000歩(約6km)の道のりを歩きます。教育や仕事など、人生のたくさんの機会を「水汲みのための時間」に費やしています。

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2022」は、そんな「彼女の身になって」歩く、シンプルで健康的な国際協力です。今年で11回目の開催となります。詳しくはこちら

お問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン キャンペーン担当
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375 Email: wihs@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 広報インターンを募集します

    【締切間近:5/31(火)まで】広報インターンを募集します

  • 東京レガシーハーフマラソン2022チャリティランナーを募集します

    東京レガシーハーフマラソン2022チャリティランナーを募集します

  • 5月11日はCAREの誕生日。ケア・インターナショナル ジャパンは創立35周年を迎えます

    5月11日はCAREの誕生日。ケア・インターナショナル ジャパンは創立35周年を迎えます

  • ウクライナ人道危機:緊急ジェンダーレポートを公表します ~戦争による女性とマイノリティへの影響が明らかに

    ウクライナ人道危機:緊急ジェンダーレポートを公表します ~戦争による女性とマイノリティへの影響が明らかに

  • 5/18(水)東ティモール駐在員オンライントーク「農業用水改善事業の今」を開催します

    【開催間近】5/18(水)東ティモール駐在員オンライン・トーク「農業用水改善事業の今」を開催します

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE