寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
X
Instagram
Youtube

ジュニア・アンバサダーの活動報告:3か月にわたる活動を終えて

ジュニア・アンバサダー(ガールスカウト所属の中高生)

全国各地から、総勢53名がジュニア・アンバサダーとして活躍しました。
途上国の女性と女子に想いを馳せて歩き、歩数登録を行う「好きな時間、好きな場所で歩く」に参加した他、各々が所属するガールスカウトの団(チーム)内での周知や、地域、個人で、キャンペーン広報活動に尽力しました。また、自主企画イベントの実施や、積極的な「C」の写真の投稿による参加を通じても、キャンペーンに大きく貢献しました。

歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーン期間を終え、ジュニア・アンバサダーとしての振り返りを共有します。

ジュニア・アンバサダーの皆さまから寄せられた感想

アンバサダーとしては初めての試みではありましたが、Walk in Her Shoesには昨年に続いて二度目の参加でした。水汲みのために学校へ行かず、働かなくてはならない女性や女の子の気持ちを身に染みて感じることができました。今後も、そのような環境で生活している人々のことを思い、今自分が与えられている環境を最大限に活かして活動して参りたいと感じました。ありがとうございました。(東京都第13団)


毎日の積み重ねが誰かを1人でも多く救うことができることを願って活動を続けることが出来ました。これからも自分でできることから積極的に行動していきたいと思います。(宮崎県第45団)


ちょっとしたことから始めれるこの活動は本当に良い経験でした。今回のWiHSでは歩くということで運動がてらに参加できるという、私自身にも良い事だったのでとてもやりがいのある活動でした。(兵庫県第28団)


Walk in Her Shoesの活動を通して水汲みのために毎日遠い距離を歩いている女性が多くいることを知りました。この現状をより多くの人に知ってもらうには自分がよく知ることから始めようと思い色々調べていくうちに、汚染された水を大切に飲んでいる人がいる現状を知り、改善するために、少しでも力になりたいと感じました。シニアレンジャーラリーの際にこの現状を多くの人に知ってもらえるよう、説明をし実際に各パトロールで作った活動のアピールができる旗を持ち約6kmを歩きました。実際に歩いてみてこの距離を毎日歩いている人がいる現状について改めて考えさせられました。この活動で学んだことを友達や家族、団のみんなにも伝えて、多くの人に知ってもらい、問題解決に繋げていきたいです。(長野県第20団)


歩くことを意識していたら、1日7000歩ぐらい歩くことができました。近くの山に登ったり、学校まで歩いていったりして意外と楽しかったです。(宮崎県第45団)


1日でも沢山歩くと、疲れてしまうけれど、それを毎日、重い水を持って歩いていると思うと、凄いと思いました。自分が、歩くことで、ほんの少しですが、貢献できてよかったです。(東京都第13団)


今年は思うように歩く事ができませんでした。歩く事で健康になったり、寄付ができる事が無理のない方法だと思います。来年頑張ります。(愛媛県第38団)


春休みには団のみんなで歩きました。雨も降っていてとても疲れたけれど、私たちよりも小さな体でこれを毎日続けている子どもたちのことを思うと、胸が痛くなると同時に、少しでも多くの支援ができればいいなと一歩一歩を噛み締めながら歩きました。イベントは終わったけれど、このような子どもたちが世界にたくさんいることを覚え、忘れることがないようにしたいです。学校では毎月献金もして、困難の中にある人たちを支援しているので、その人たちのことを思いながら献金し、少しでも大きな幸せが、すべての人にあるようにと願っています。(東京都第13団)


毎日目標としていた8000歩は無理でしたが毎日4000歩は必ず歩けるようにするという小さな目標は達成することが出来ました。また他の団のスカウトにも広めることが出来たことも良かったです。この活動がなくても歩くことを忘れずに生活していきたいです。(静岡県第22団)


毎日10000歩歩けるように心がけることができました。募金をしながら自分も健康になれるとてもいいボランティア活動だったように思います。(大阪府第27団)


自分の一歩で世界の子の手助けを出来て、この活動に参加してよかったなと思いました。歩くことが好きになりました!また機会があったら歩く国際協力に参加したいです!ありがとうございました。(宮崎県第45団)


期間最終日までできるだけたくさん歩くことができました。通学で歩く時に世界の子供達の事を考えたり少しでも国際協力に貢献したいと姉と散歩したりしました。このような機会に参加できてとてもいい経験になりました。(愛知県第23団)


8000歩歩くのは思ったより大変で、足の裏が痛かった。この距離の整備されていない道を、重たい水を持って歩くことを考えると、早くこの問題を解決したいと思った。これをきっかけに実状を知れて良かった。(鳥取県第31団)


毎日の歩数計測はもちろん、東京で歩くイベントに参加したり、Cの投稿を頑張りました。歩数計をつけて歩くことは、すごく簡単でした。自分が毎日どのくらい歩いているのかを知ることができて、一日の終わりに歩数計を見るのが楽しみでした。山に登ったり、階段を利用して積極的に取り組みめました。東京でのイベントの参加は、あいにくの雨でとても大変でした。晴れていれば、景色も良いはずで気持ちも軽く終わることができたのかもと思いました。ですが、栃木から参加の二人と共にお話しながら歩くのが意外に楽しくて、無事時間内にゴールできて嬉しかったです。私は、一番Cの投稿を頑張りました。1日1投稿以上をするのに、Cのアイデアを絞りながら家族や友達の手伝いもあり、100投稿することができました。また、投稿した写真がアイデア賞をいただけて、とても嬉しかったです。みんなによく、「なんのC?」と聞かれることがあり、それを「CAREのCだよ」と誇りを持って答えることができたのがすごくよかったです。また、みんなに少しでも知ってもらえて嬉しかったです。ガールスカウトのアンバサダーとして短い間でしたが、務められたことが私自身にとって、とても良い経験になりました。ありがとうございました。(群馬県第9団)


時々歩数計を持ち歩くのを忘れてしまったり、1日中歩かなかったり反省するところもたくさんありました。しかし、私が歩くことで少しでも誰かの命を救えるかもしれないと思うと続けることが出来ました。(茨城県第8団)


体調の都合で昨年よりも歩けなかったのが残念ですが、参加したこと、日々のなかで少しでも世界の抱える問題を考えて行動したことに意味があると思います。(埼玉県第11団)


意識して歩かないと意外と歩いていないことに気付きました。平穏な生活が送れていることに感謝しつつ、私たちのあたりまえである生活ができない人たちがいることを忘れずに日々過ごしていきたいと思います。(愛知県第23団)


たくさん歩きました。苦しい状況で生活している人たちがいることを常に思い、少しでも役に立てることがあるか、自分にできることは何かを考えて過ごしていけたらと思います。(愛知県第23団)


団から2人がジュニアアンバサダーに応募しました。普段の集会を持つことも日程調整が難しいのですが、それぞれがそれぞれのペースで歩いていたようです。4月に県連事業として、塩釜市浦戸諸島「野々島ウォーク」を行うことに合わせ、スカウト2人がプログラムの一部を担当しました。①自分達が取り組んでいるジュニアアンバサダーについて知ってもらう。②世界の少女たちの水に関する現状や問題、課題を伝える。それをどのように伝えるか、2人は他の団のレンジャーを巻き込み、当日までに準備を進めました。紙芝居風にしたり、クイズ形式にしたり、水運びゲームで体感することでブラウニーやジュニアにも分かりやすく伝える工夫をしました。一人は参加ができないことが事前に分かっていたので、2人で計画を立て、準備をし、当日は巻き込んだレンジャーたち数人の協力を得て、約60人の参加者にジュニアアンバサダーとして取り組んで感じたことも含めて伝えることができました。各個人で歩いて、普段ではないほどに集中的に集会を重ね、世界の水に関する少女の現状を知り、世界的な課題、リーダーシップ、伝え方など多くのことを学んだと思います。浦戸諸島は島なので、かつて真水が手に入りにくい場所であったことも、関連して考えやすかったと思います。船の時間により、滞在時間に限りがあり、「C」の写真を撮る計画を立てながら、実施できなかったのが残念でした。期間は過ぎましたが、今回のことを機会に引き続き自分たちに何ができるかを考え、実践するようにしたいと思います。(宮城県第4団)


今回ジュニアアンバサダーとして参加させていただきました。この活動はシニア3年の頃から始めて、ガールスカウトの活動していない周りの友達や学校でも広め、多くの人にこの活動を知ってもらおうと励んで来ました。世界中の女の子たちのことを考えながら歩くこと、自分が歩くことで苦しんでいる女の子たちを助けることが出来ていると考え、疲れたなという時でも歩くことが出来ました。この活動をもっと多くの人に広めるためにこれからも毎年活動していきたいと思います。(岩手県第3団)


日本ではほとんどの道路が綺麗に整備されているので、毎日歩くということは決して難しいことではない。しかし、毎日飲み水確保のために女性たちが歩いている道は舗装がされていなかったり、危険を伴う道であることがほとんどだと思う。そのような環境に置かれているたくさんに女性たちに、自らもが歩いて思いを馳せることができてよかった。とても良い体験をすることが出来た。(長野県第20団)


思っていたよりも自分が普段歩いていないことに気づいた。私よりも年下の少女たちが水を持って長い距離を歩かないといけないことがどんなに大変か少し知れたと思う。(兵庫県第28団)


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: wihs@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • ファンドレイジング・インターンを募集します

    ファンドレイジング・インターンを募集します

  • 夏募金のお願い:戦争はわたしたちに精神的にも肉体的にも影響を与えました

    夏募金のお願い:戦争はわたしたちに精神的にも肉体的にも影響を与えました

  • 広報インターンを募集します

    広報インターンを募集します

  • マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

    マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

  • 6月20日「世界難民の日」:希望の灯を絶やさぬよう、紛争・被災地域において最も弱い立場におかれた人々にフォーカスした支援を行っていきます

    6/20「世界難民の日」:希望の灯を絶やさぬよう、紛争や被災地域において最も弱い立場におかれた人々にフォーカスした支援を行っていきます

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE