寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

広報インターンの活動:オリンピックと女性のエンパワメント


こんにちは。広報インターンの宋です。

皆さん、女性が初めてオリンピックに参加できるようになったのは、いつ、どこで開催された大会かご存知でしょうか?

答えは、1900年にフランスのパリで行われた第2回大会です。皆さん当たりましたか?

かなり早い段階から女性の参加を認めたように見えますが、実際には、当時、女性の参加者は22人(2.2%)にとどまり、女子種目が採用された競技もテニスとゴルフのみでした。

1976年のモントリオール夏季大会で、女性が参加可能な競技割合が初めて5割を超え、全競技で女性の参加が可能となったのは、なんと!2012年ロンドン大会でした。

女性の選手が長らく男性優位とみなされていたスポーツ競技に参加し、自らの力でメダルを獲得することは、もちろん女性の自信をつけ、エンパワメントする上で最も効果的だと考えられます。

CAREは、女性のエンパワメントに長らく力を注いできました。

その中で、 CAREヨルダンは、UNHCRと連携して、10年以上にわたりシリア人の難民キャンプに支援を届けています。

その支援を受けた難民も含む、難民選手団は、今開催されている東京オリンピックでも活躍しています。


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
活動レポート一覧に戻る

最新レポート

  • 「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催しました

    「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催しました

  • タイ「理数系(STEM)教育を通じたリーダーシップ育成事業(第2期)」2年次が終了しました

    タイ「理数系(STEM)教育を通じたリーダーシップ育成事業(第2期)」2年次が終了しました

  • 「ウクライナ危機緊急支援募金」の経過についてのご報告

    「ウクライナ危機緊急支援募金」の経過についてご報告いたします

  • ウクライナ人道危機:最前線からの声をお届けします ~子どもたちのライフラインとなる教育

    ウクライナ人道危機:最前線からの声をお届けします ~子どもたちのライフラインとなる教育

  • 「東ティモールフェスタ2022」に参加しました

    「東ティモールフェスタ2022」に参加しました

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE