寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter
Instagram

ウクライナ危機:日本に避難したウクライナの人々への支援を行いました

当財団は、ウクライナ危機によって日本に避難したウクライナの人々への支援を行いました。

支援を決定した2023年5月10日時点で、日本国内のウクライナ避難民の数は、2,218人に上り、その内30人(18歳未満10人、18歳以上~61歳未満18人、61歳以上2人)が大分県で暮らしていました。

その避難生活においては、パソコンは、本国の親戚や友人とのコミュケーションの手段としてはもちろんのこと、子どもたちにとっては本国の学校のオンライン授業を受けるために必要不可欠なものになっています。その一方で、避難時に持参したパソコンに不具合が生じることも多く、生活に支障をきたしていたことから、当財団は以下のとおり、パートナー団体を通じて支援を行いました。

支援概要

活動地域:大分県別府市
実施期間:2023年6~7月(2か月間)
対象者: ウクライナ避難民6名(うち女性4名)
支援内容:1) 6台のパソコン購入と配布(ロシア語・ウクライナ語対応)
                2) うち3名への大学入学支援金の補助
支援規模:100万円
実施パートナー:特定非営利活動法人Beautiful World
                         (大分県別府市、理事長:小野ヤーナ氏)

関連情報

お問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • ウクライナ侵攻から2年: 最前線での生活は毎日が宝くじ

    ウクライナ侵攻から2年: 最前線での暮らしは毎日が宝くじ

  • ファンドレイジング・インターンを募集します

    【急募】ファンドレイジング・インターンを募集します

  • 事業部 東ティモール駐在事業統括者を募集します

    【急募】事業部 東ティモール駐在事業統括者を募集します

  • 2/20(火) オンラインイベント開催!国際協力の現場を知る3者が語るウクライナの「今」

    【2/20(火) 20:00~】事前登録不要!耳だけ参加可!オンラインイベント「国連機関と国際NGO職員が語るウクライナの『今』」を開催します

  • ゴディバ ジャパンが販売する「ROSALIE(ロザリー)」を通じたチャリティが決定しました

    バレンタイン企画:ゴディバ ジャパンが販売する「ROSALIE(ロザリー)」を通じたチャリティが展開されています

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE