寄付で支援する
Facebook
Twitter

国際女性デー:ジェンダー専門家の理事がラジオで女性への支援の重要性を解説しました

3月8日の国際女性デーを踏まえ、当財団の田中由美子理事(ジェンダー専門、上記写真左)が、東海ラジオの「TOKYO UPSIDE STATION」に出演し、ジェンダー平等に向けたメッセージを発信しました。

 具体的には、いまだ収束の兆しを見せない新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対する当財団の活動を例にあげ、このウイルスが、途上国の女性をはじめ、社会的に弱い立場におかれている人にどのような影響を与えているのか、田中理事より、現在の問題点を指摘しました。

 その上で、田中理事は、
「女性の現状を、もっと多くの人に知ってもらうためには、日本も途上国でも同じですが、女性が意思決定の場にもっと参加して、色々な分野でリーダーシップを発揮することが必要だと思います。

 女性や少女たちは家族を支えると同時に、地域の保健医療や教育、食料の供給、社会福祉の最前線で大きな役割を果たしているわけですから。

 国会、内閣、司法、地方自治など、あらゆる年代の女性が、意思決定の場にもっと参加すると同時に、男性も、それから女性もですが、ジェンダー平等やそれに関連した問題の重要性を理解することが必要だと思います」と訴えました。

 放送内容はこちらからご覧いただけます。


関連情報

新型コロナウイルス感染症緊急支援事業
グローバル緊急ジェンダー分析報告書

 財政不安、飢餓、心の健康 –CAREの独自調査により世界の女性が抱える問題が明らかに
活動レポート:コロナ禍にあるNGO職員、父親、夫として


本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • CARExSDGs インパクト・レポートを公表しました

    CARExSDGs インパクト・レポートを公表しました ー目標1(貧困をなくそう)、目標17(パートナーシップで目標を達成しよう)などに大きく貢献

  • ファンドレイジング・新規事業案件担当者(フルタイム職員)を募集します

    【締切延長:7/31(土)まで】ファンドレイジング・新規事業案件担当者(フルタイム職員)を募集します

  • 【重要】緊急事態宣言解除に伴う業務体制についてのお知らせ

    【重要】緊急事態宣言解除に伴う業務体制についてのお知らせ

  • 現在進行形の新型コロナウイルス感染症のパンデミックとそれに伴う飢餓の危機と紛争激化に対応しています

    現在進行形の新型コロナウイルス感染症のパンデミックとそれに伴う飢餓の危機と紛争激化に対応しています

  • 【7月開催】名古屋近郊で街頭キャンペーンを実施しています

    【7月開催】名古屋近郊で街頭キャンペーンを実施しています

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE