寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter
Instagram

トルコ・シリア地震から半年~高止まりする支援ニーズ、熱波との闘い

トルコとシリア北西部で発生した地震から6か月が経過しました。両国で生じた被害は壊滅的なものになっています。トルコだけでも910万人がこの地震の影響を受けたと見られており、その中には祖国の慢性的な紛争から逃れるためにトルコに避難した170万人のシリア人も含まれています。 これまでにトルコでは5万人以上が命を落とし、今もなお300万人が避難しています。


トルコの現状

トルコ南部のハタイ県は特に地震の影響を受け、約27万棟の建物が破壊され、2万3,000人以上が死亡、3万人以上が負傷しました。

トルコのキャンプでの生活は極めて困難で、人々は水や食糧などの必需品へのアクセスを人道援助に頼っている一方、同地域は過去数年で記録に残る最悪の熱波に見舞われています。地震によって重要なインフラが損傷したため水の供給は依然として困難で、収入を得る機会もほとんどありません。

CAREは、これまでに約6万5,000人に水、食糧、避難所、衛生設備への安全なアクセスの提供などの緊急支援を届けました。しかし、特に家庭や学校などの安全な環境を失い、脆弱性が高い女性や子どもたちの保護ニーズに関しては、根強い課題が残っています。

倒壊した天井の下に81時間閉じ込められた、エルシン・エゼルさん
トルコの現状

「暗くなり、時間が経つにつれて呼吸が苦しくなりました。娘と一緒に閉じ込められ、娘は12時間後に亡くなりました。私はその日、子どもたちと母親を失いました。地震は終わったと言っている人が多いですが、まだ終わっていません。 私たちは今もテントやコンテナの中で生活しています。 通常の状態に戻るには長い時間がかかりますが、それでも、私は二度と通常の状態に戻ることはありません



シリアの現状

シリア北西部では、地震以前からあった多面的な人道危機によって450万人が影響を受けていましたが、地震によってそのうちの90%が生活を続けるために人道支援に依存している状態です。そして、その大多数は女性と子どもです。

2月の地震の余波で、すでに長年の戦争と昨年以来のコレラの流行の影響を受けていた人々は、ほんの数分で家やコミュニティを失い、氷点下の気温の中でホームレスになりました。 半年が経った今も、シリア北西部の人道状況は悲惨なままで、200万人がキャンプで生活し、300万人以上が食糧不安にあると推定されています。

この継続的に悪化する現実に加えて、7月には多数の火災や、命に危険が及ぶほどの猛暑が報告されており、イドリブ県とアレッポ北部県の両県で家屋やテントに被害を与えています。 家族は、夏の間は摂氏40度以上の高温に耐え、水へのアクセスが非常に限られた状態で暮らしています

このように脆弱な状況の中、CAREは避難所、食糧、水、衛生活動、健康と保護などの支援を67万5,000人以上の人々に届けています。 しかし、ニーズは高く、国連の安全保障理事会がシリア北西部への国境を越えた援助を再承認しなかったことは、そこに住むシリア人がすでに耐えている不安と不確実性をさらに増大させる結果になっています。

シリアの現状



CAREトルコ事務局長からのメッセージ

CAREトルコ事務局長からのメッセージ

半年が経った今も人道援助の必要性は高いままであり、破壊の規模を考慮すると当分は低くなることはないでしょう。 私たちは現地で避難所、衛生用品、水、食糧などの緊急援助を提供していますが、人道的ニーズは計り知れず、今後も何年も続くでしょう

そして、私たちはシリアとシリア国民を忘れてはなりません。地震が発生する前から、人道支援のニーズは12年間の戦争開始以来、すでに記録的な高さに達していました。安全保障理事会がシリア北西部への国連の国境を越えた援助を再承認しなかったことと、それに伴って、シリアの最も重要なライフラインが不安定であることは、度重なる避難を経験した人々が、地震による被害から半年経っても未だに動揺している現在、容認できません。安全保障理事会が機能し、国連とNGO主導の大規模な人道支援の提供を可能にする決議案を復活させることが重要です。

地震から6か月が経った今日、既に実施されたことを踏まえて追加資金が投入されていますが、私たちは被災者たちの状況を非常に心配しており、政府や支援者の皆さまにその影響を思い出していただくのが私たちの義務です。地震の発生とそれに伴う社会経済的長期リスクは非常に憂慮すべきものです。人道的対応が衰えないことが最も重要です。


ご支援方法についてのご案内

以下の2つの方法にて、「トルコ・シリア地震被災者緊急支援募金」を受け付けています。現地での支援活動を続けていくことのできるよう、どうか温かいご寄付によってCAREを応援ください。

1.クレジットカードでのご寄付 

こちらから「今回の寄付」をご選択の上、寄付の使途は「トルコ・シリア地震被災者緊急支援事業」をお選びください。各種クレジットカードをご利用いただけます。

2.郵便局からのご寄付 
<口座番号> 00150-4-49006
<加入者名> 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
※郵便局窓口にて、振込手数料が無料の口座である旨お申し出ください。
※お振込いただく際は、振込み用紙の通信欄に必ず「トルコ・シリア(W)」と明記してください。記載がない場合は一般寄付としてお取り扱いいたします。

寄付金については「寄附金控除」の対象となります。
個人および法人の皆さまからのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。なお、個人の皆さまへの領収書は、ご希望いただいた方にのみ発行させていただきます。必ず通信欄にその旨明記していただくようお願い申し上げます。

【領収書発行を希望する皆様へ】
寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。
オンライン寄付の場合:「領収書の送付」の項目にチェックを入れて下さい。
郵便局からのご寄付の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

*当財団は、現在、すべての職員の在宅勤務を奨励していることから、領収書の発送に時間を要する可能性がございます。予め、ご了承ください。


関連記事

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: bokin@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 東京レガシーハーフマラソン2024 チャリティに参加します!

    東京レガシーハーフマラソン2024 チャリティに参加します

  • ガザ:戦闘開始から半年、高齢者と子どもたちは病と飢えに苦しみ、死と隣り合わせに

    ガザ:戦闘開始から半年、高齢者と子どもたちは病と飢えに苦しみ、死と隣り合わせに

  • 事業部 東ティモール駐在事業統括者を募集します

    【急募】事業部 東ティモール駐在事業統括者を募集します

  • 4月、株式会社クニエ様のクリック募金「One Click for Smile」にご参加ください

    4月、株式会社クニエ様のクリック募金「One Click for Smile」にご参加ください

  • ガザ情勢:CAREを含む国際NGOは、国連加盟国に国連パレスチナ救済事業機関(UNRWA)への資金拠出の再開を要請しています

    ガザ情勢:CAREを含む国際NGOは、国連加盟国に国連パレスチナ救済事業機関(UNRWA)への資金拠出の再開を要請します

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE