寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter
Instagram

ウクライナ危機緊急支援事業 活動報告

2022年2月24日のロシアによるウクライナへの軍事侵攻直後より、CAREは、現地のパートナー団体とともにウクライナ国内および周辺国で支援活動を行っています。同年9月、事態の長期化と広範に及ぶ支援の必要性に対応するため、ウクライナ西部のリヴィウにCAREウクライナ事務所を設立しました。また、東部のヴィニツィアに出張所、ポーランドのジェシュフに越境拠点をおいて連携しながら、これまでに95万人以上に支援を届けることができました(2022年12月時点)。

氷点下20度、ウクライナの「独立以来最悪の冬」

氷点下20度という厳しい寒さの中、度重なる攻撃を受けたエネルギーインフラが十分に機能しない状況が続いています。各自治体では、電力不足に対応するために計画停電が実施され、人々は止まない砲撃の中、暗闇そして寒さとも戦わなくてはならない最悪の状況に陥っています。CAREとパートナー団体は、「独立以来最悪の冬」に直面しているウクライナの人々へ、衣類、毛布、暖房などを提供し、被害を受けた家屋やシェルターの修繕・改修を強化しています。

氷点下20度、ウクライナの「独立以来最悪の冬」

▲スタッフが実感する「難民の第二波」CAREが支援する、ポーランドのプシェムィシルにある一時宿泊施設にて

▲厳しい寒さと暗闇の中で過ごす、ウクライナの人々の年末年始

改修されたシェルターで家族5人と暮らす、ユリアさん

改修されたシェルターで家族5人と暮らす、ユリアさん

ユリアさんと5人の家族は、ウクライナ南部の戦闘が激しいスカドフスクから、50もの検問所を通過する危険なルートを辿って、リヴィウまで避難しました。

「私たちは、各検問所でチェックを受けました。私たちが笑っている写真でさえ、検問所の職員を刺激し、通過の可能性が低くなってしまうかもしれないと思い、携帯電話を初期設定にクリアしました。いつ撃たれるのか、爆弾が落ちるのかと不安でしたが、運良く通過することができました」

「(CAREが支援するシェルターで暮らすようになって)やっと安心できるようになりました。将来の計画は立てず、今は、子どもたちが喜ぶことをするだけです」

 

クラウドファンディングへのご協力のお礼

クラウドファンディングへのご協力のお礼

本年2月28日まで、3か月にわたり、ウクライナ難民の90%を女性と子どもたちの明日を支えるため、クラウドファンディングを実施しました。期間中、180を超えるあたたかい応援メッセージをいただき、大いに励まされました。この場をお借りし、支えてくださった全ての皆さまに心より感謝申し上げます。ウクライナの人々が厳しい冬を乗り越え、希望ある春を迎えることのできるよう、これからも支援を行っていきます。


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
活動レポート一覧に戻る

最新レポート

  • 活動報告:学習教材「ラファエック」を通じた自立支援事業

    2023年度の「学習教材『ラファエック』を通した自立支援事業」の活動を報告します

  • ネパールの「遠隔地の学校における教室改修支援事業」地を訪問しました

    ネパールの「遠隔地の学校における教室改修支援事業」地を訪問しました

  • ウクライナの女性や女子に対する持続的な人道支援の必要性を訴える

    ウクライナの女性や女子に対する持続的な人道支援の必要性を訴える

  • モロッコ地震:発生から半年 ―復興への長い道のり

    モロッコ地震:発生から半年 ―復興への長い道のり

  • 東ティモール:「遠隔集落における生業改善事業」を開始しました

    東ティモール:「遠隔集落における生業改善事業」を開始しました

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE