寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

ウクライナ人道危機:必要な物資は日を追うごとに変わっていきます

CAREドイツからポーランドとウクライナの国境地域に派遣された緊急メディアマネージャーのナインジャ・タポロギーから最新の報告が届きました。

現在、人道支援活動の規模を拡大するために、他の援助機関などと様々な調整を行っています。

ここワルシャワでは、主要鉄道駅と受付センターに難民が集まっています。ポーランドの首都は寒いですが、太陽は輝いています。ワルシャワ中央駅では様々なことが起こっています。上の階では、ウクライナからの難民が毛布の上に座ったり、寝たり、携帯電話を操作したりしています。子どもたちは静かに遊んでいます。

その一方で、下の階では、人々はチケットカウンターの前で列を作っています。ウクライナからの難民は、移動のための無料のチケットを手に入れます。そして、多くのボランティアが、水、軽食、情報を提供しています。

「人々は目的地を決めています。ほとんどは、目的地に到着するための情報が必要なだけです」と、若いボランティアはいいます。難民の人々の旅は、ここから始まり、プラハ、ウィーン、ベルリンへと続きます。

ワルシャワ中央駅から車で15分のスポーツアリーナには、ウクライナからの約500人の女性と子どもたちが避難してきています。プライバシー保護のために、この避難所で写真を撮ることは許可されていません。

アリーナの中央では、簡易ベッドで寝る人々が密集しています。マスクを付けている人はごくわずかで、「すでに新型コロナウイルス感染者が発生しています」と、ボランティアのマレックはいいます。現在のようなパンデミックの真っ只中で、難民を保護し、適切な衛生を保つことは大きな課題です。

子ども用のプレイルームの隣には、3歳までの子どもを持つお母さんが休憩できる部屋があります。マレックは、多くの現物寄付を受けていると話してくれました。ここ数日間、多くのおむつが寄付され、収納しきれていません。

支援物資の受付センターチームは、現在、ソーシャルメディアで最も緊急に必要とされている物資のリストを公開しています。例えば、今は、シャワーの時に使えるサンダルが必要とされています。しかし、これは日を追うごとに変わっていきます

数人の患者が、正面に座っている診療室を通り過ぎました。心のケアのサポートもここで提供されます。夜間に特に重要な支援です。女性たちは眠りにつく前に、過去数日の間に身の上に起きた様々な困難を思い返し始めるのです。ウクライナに残さなければならなかった家族や友人のこともとても心配です。

今日、私(タポロギー)が再び感じたことは、特に女性と女子のための衛生製品と専門的な心のケアのサポートが、今後数週間と数か月で不可欠になるということです。

ご支援方法についてのご案内

 クレジットカードでのご寄付の場合:
こちらから「今回の寄付」をご選択の上、寄付の使途は「ウクライナ危機緊急支援事業」をお選びください。
各種クレジットカードをご利用いただけます。

郵便局からのご寄付の場合:
<口座番号> 00150-4-49006
<加入者名> 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
※郵便局窓口にて、振込手数料が無料の口座である旨お申し出ください。
※お振込いただく際は、振込み用紙の通信欄に必ず「ウクライナ(W)」と明記してください。記載がない場合は一般寄付としてお取り扱いいたします。

寄付金については「寄附金控除」の対象となります。
個人および法人の皆さまからのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。なお、個人の皆さまへの領収書は、ご希望いただいた方にのみ発行させていただきます。必ず通信欄にその旨明記していただくようお願い申し上げます。

【領収書発行を希望する皆様へ】
寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。
オンライン寄付の場合:「領収書の送付」の項目にチェックを入れて下さい。
郵便局からのご寄付の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

*当財団は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当面の間、すべての職員に在宅勤務を奨励していることから、領収書の発送が大幅に遅れる可能性がございます。予め、ご了承ください。


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: bokin@careintjp.org
活動レポート一覧に戻る

最新レポート

  • ウクライナ人道危機:国内に留まり活動を続けるボランティアを支援しています

    ウクライナ人道危機:国内に留まり活動を続けるボランティアを支援しています

  • 【こどもの日】ウクライナの子どもたちの瞳に映る、戦争を紹介します

    【こどもの日】ウクライナの子どもたちの瞳に映る、戦争をご紹介します

  • ウクライナ人道危機:国内に留まる5万人に対して緊急支援を提供しました

    ウクライナ人道危機:国内に留まる5万人に対して緊急支援を提供しました

  • ウクライナ人道危機:スロベニア赤十字と6台のトラックで水や食糧などを届けました

    ウクライナ人道危機:スロベニア赤十字と6台のトラックで水や食糧などを届けました

  • ウクライナ人道危機:精神科医に緊急心理社会的カウンセリング研修を実施しています

    ウクライナ人道危機:精神科医に緊急心理社会的カウンセリング研修を実施しています

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE