寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

ルーマニア、モルドバ、ポーランド国境での支援を開始しました

CAREは、ウクライナ西部都市リヴィウを中心に、国内に取り残された人々の支援を行うとともに、ヨーロッパに拠点を置く複数のCARE事務所で連携し、祖国を逃れて国境を越える人々の支援も、開始しています。

CAREフランスは、ルーマニアとモルドバ国境付近、CAREドイツおよびデンマークは、ポーランド国境とウクライナ国内、そしてCAREオーストリアとチェコは、主にウクライナ国内でCAREのパートナーとして支援活動を展開する「People in Need」との各種調整を行うなど、ヨーロッパ各国のCAREがそれぞれ現地での情報収集、援助関係者やパートナー団体との調整、そして具体的な支援を展開しています。

以下、ルーマニア国境での活動の様子を、いくつかの写真とともに、ご報告します。

数日かけて、数十km、数百kmの道のりを、徒歩や車で逃れ、国境では寒い中、2日間、待つことも。命からがら逃れてきた、憔悴しきった心と身体に、まずは1杯の温かい紅茶を。特に、女性や子どもが一人で避難する場合には「保護」が必要です。

支援センターの一角。サンドイッチや温かいパスタのほか、果物、日持ちする食糧品、飲み物、衛生用品ほか生活必需品など、必要な物資を受け取ることができます。赤ちゃん用のおむつや粉ミルクなども提供しています。

ルーマニア国境を超える人々の多くは、ルーマニアに留まらず、別の国を目指します。さらなる避難の前のわずかなひと時に、少し心を落ち着けたり、授乳をしたりする、安全で暖かいスペースを提供しています。


ご支援方法についてのご案内

 クレジットカードでのご寄付の場合:
こちらから「今回の寄付」をご選択の上、寄付の使途は「ウクライナ危機緊急支援事業」をお選びください。
各種クレジットカードをご利用いただけます。

郵便局からのご寄付の場合:
<口座番号> 00150-4-49006
<加入者名> 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
※郵便局窓口にて、振込手数料が無料の口座である旨お申し出ください。
※お振込いただく際は、振込み用紙の通信欄に必ず「ウクライナ(W)」と明記してください。記載がない場合は一般寄付としてお取り扱いいたします。

寄付金については「寄附金控除」の対象となります。
個人および法人の皆さまからのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。なお、個人の皆さまへの領収書は、ご希望いただいた方にのみ発行させていただきます。必ず通信欄にその旨明記していただくようお願い申し上げます。

【領収書発行を希望する皆様へ】
寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。
オンライン寄付の場合:「領収書の送付」の項目にチェックを入れて下さい。
郵便局からのご寄付の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

*当財団は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当面の間、すべての職員に在宅勤務を奨励していることから、領収書の発送が大幅に遅れる可能性がございます。予め、ご了承ください。


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: bokin@careintjp.org
活動レポート一覧に戻る

最新レポート

  • ウクライナ人道危機:国内に留まり活動を続けるボランティアを支援しています

    ウクライナ人道危機:国内に留まり活動を続けるボランティアを支援しています

  • 【こどもの日】ウクライナの子どもたちの瞳に映る、戦争を紹介します

    【こどもの日】ウクライナの子どもたちの瞳に映る、戦争をご紹介します

  • ウクライナ人道危機:国内に留まる5万人に対して緊急支援を提供しました

    ウクライナ人道危機:国内に留まる5万人に対して緊急支援を提供しました

  • ウクライナ人道危機:スロベニア赤十字と6台のトラックで水や食糧などを届けました

    ウクライナ人道危機:スロベニア赤十字と6台のトラックで水や食糧などを届けました

  • ウクライナ人道危機:精神科医に緊急心理社会的カウンセリング研修を実施しています

    ウクライナ人道危機:精神科医に緊急心理社会的カウンセリング研修を実施しています

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE