寄付で支援する
Facebook
Twitter

コロナ禍を生きる ―主婦から家族の大黒柱に、アフガニスタンにも拡がったVSLAとは

アフガニスタンの首都カブールの郊外で暮らすソフォラさん。コロナ以前は、夫が市場で働く傍ら、主婦として三男二女の育児と家事に専念していました。しかし、コロナで生活が一変。

夫が働く市場が閉鎖された上に、夫がコロナに感染。生活の糧を得る手段を持たないソフォラさんは、CAREが始めた「村内貯蓄貸付組合(以下、VSLA*)」からお金を借り、その半分を夫の治療に使い、残りの半分で小規模の商いを始めることに。

ボーラーニと呼ばれる野菜が入った平らな揚げパンを作って、市場で売って、一家を支えています。

幸い夫は回復しつつありますが、まだ働ける状況ではありません。ソフォラさんの一家の大黒柱としての生活はもうしばらく続きそうです。

 *VSLAとは
CAREが1991年に⻄アフリカのニジェールで初めて立ち上げた貯蓄貸付の仕組み。その後60か国以上に広がった。
•グループは、通常、15~25人で構成される。
•メンバーは、貯金をするだけではなく貸付も行い、返済金の利息がもたらす収益はメンバー間で分け合う。
•VSLAは、従来型の銀行には融資してもらえず、マイクロファイナンス機関も利用できないほどの僻地では、現地の銀行として機能している。

この仕組みによって、経済階層の一番下に位置する人たちがお金の管理をできるよう、そして基本的な財務能力を身につけられるよう手助けできることが実証されている。メンバー自身が運営するため、経費はほとんどかからない。
今では、電子マネーが使える地域では携帯電話を使った貯蓄もできるようになり、通帳や金庫は必要ない。



関連情報

新型コロナウイルス感染症緊急支援事業
グローバル緊急ジェンダー分析報告書

 財政不安、飢餓、心の健康 –CAREの独自調査により世界の女性が抱える問題が明らかに
政策報告書
 政策立案者は、ワクチンの配送かワクチンに1ドル費やされる毎に5ドル投資する必要があります
活動レポート:コロナ禍にあるNGO職員、父親、夫として


本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • ファンドレイジング担当者(フルタイム職員)を募集します

    【締切:11/30(火)まで】ファンドレイジング担当者(フルタイム職員)を募集します

  • 国際ガールズ・デー:アフガニスタンで、女子生徒が自宅待機になっていることを深く憂慮しています

    国際ガールズ・デー:アフガニスタンで、女子生徒が自宅待機になっていることを深く憂慮しています

  • 国際ガールズ・デー:途上国の女性や女子を取り巻く課題が分かる!「すごろく」をプレゼントします

    国際ガールズ・デー:途上国の女性や女子を取り巻く課題が分かる!「すごろく」をプレゼントします

  • アフガニスタンで人道支援活動を再開しました ―農閑期や、今、起きている食糧危機を踏まえ、種子、農具、肥料などを配布

    アフガニスタンで人道支援活動を再開しました ―農閑期や、今、起きている食糧危機を踏まえ、種子、農具、肥料などを配布

  • 【重要】緊急事態宣言解除に伴う業務体制についてのお知らせ

    【重要】緊急事態宣言解除に伴う業務体制についてのお知らせ

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE