寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

国際ガールズ・デー:女子たちが直面しているジェンダー不平等

本日10月11日は、「国際ガールズ・デー」。
国際ガールズ・デーは、女子の権利やエンパワメントの促進を、広く国際社会に呼びかける日です。

世界には、慣習によって体を傷つけられたり、教育の機会を奪われたりといった、女子に対する不平等が存在します。この日に寄せて、現地からの声に耳を傾けていただければ幸いです。



■ソマリアでの国際女性器切除(FGM)撲滅プロジェクト

女性器切除(female genital mutilation、以下FGM)とは、アフリカや中東、アジアなどの一部の国々で行われている、女性器の一部を切除するという慣習です。世界31カ国で、少なくとも2億人以上がFGMを経験していると言われており、最も件数の多いソマリアでは、5 歳から 11 歳までの少女の 98% が FGM を受けたと報告されています。

FGMを受けた女子や女性は、出血が続き、感染症や不妊、死のリスクにさらされ、健康面及び精神面で長期的な影響が及びます。このような悪習を根絶すべく、CAREは危険性を注意喚起するとともに、女子たちへリーダーシップ研修を行い、自立を支援するプロジェクトを行っています。




■アフガニスタンでの教育支援プログラム
アフガニスタンでは、2021 年 8 月以降、ほとんどの女子高生が学校に通うことを禁じられています。2022 年 3 月初旬に、すべての女子高等学校が開校される予定でしたが、実現することはありませんでした。CARE は、主に女子を対象に、地域に根差した教育プログラムを提供しています。

ープログラムを受講した、ターラさん(仮名、14 歳)
「私はこのクラスに 2 年間通いました。わかりやすい授業を受けることができ、先生も優しいので、ここに来るのが好きでした。授業を最後まで修了してから、公的な教育に参加したいと願っています。大きくなったら医者になりたいです。進学できなくなったら、将来が本当に心配です。アフガニスタンの経済情勢が心配です。父が亡くなり、母は仕事をしていません。私の兄弟の一人は日雇い労働者でした。現在、私の家族には収入を得ている人は誰もいません。今は冬で、作物がないので、お金を稼ぐために売るものはありません。アフガニスタンの女子たちが教育を受け続けられるようになり、他人に依存することなく、自分で収入を得るられるようになることを願っています。これからも、家で勉強を続けていきます」

ープログラム責任者、アレッツォ
「すべての人間は基本的な権利を享受すべきです。教育は誰にとっても基本的な権利です。コミュニティを成功させるための最初のステップは教育です。人は教育を受ければ、自分の生き方を見つけます。良いことも悪いことの分別がつくようになります。女性が教育を受けていれば、子どもたちを導くことができ、それがより良い社会につながります




「設立35周年記念募金」のお願い

ケア・インターナショナル ジャパンは2022年5月11日をもって、設立35周年を迎えました。

これからも私たちは、困難な状況にある女性や女子たちの今を支え、ともに、希望ある未来へと変化の歩みを進めていきます。

ご支援者の皆さまとともに歩んできた35年間の節目に、どうか、これからの活動への応援のお気持ちと、あたたかいご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
「設立35周年記念募金」のお願い

関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 冬募金へのご協力のお願い:今、世界は史上最大の「食糧危機」に突入しています

    冬募金へのご協力のお願い:今、世界は史上最大の「食糧危機」に突入しています

  • 「変革のための誓い」:CAREの事務総長が語る脱植民地化への「旅路」

    「変革のための誓い」:CAREの事務総長が語る脱植民地化への「旅路」

  • CAREを含む国際NGOは、2030年までにより公平な援助システムを構築するための途上国主導の誓約に署名しました

    CAREを含む国際NGOは、2030年までにより公平な援助システムを構築するための途上国主導の誓約「変革のための誓い」に署名しました

  • COP27:温室効果ガスを最も多く排出している豊かな国々は、損失と損害の代償を支払わなければなりません

    COP27:温室効果ガスを最も多く排出している先進国は、損失と損害の代償を支払わなければなりません

  • 2022年「フェリシモ地球村の基金」審査に向けて、皆さまの一票をお願いします

    【14日(月)まで!】2クリックするだけ!2022年「フェリシモ地球村の基金」審査に向けて、皆さまの一票をお願いします

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE