寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
X
Instagram
Youtube

ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.5 ~中外製薬労働組合編~

歩く国際協力「Walk in Her Shoes2023」キャンペーンには、多くの企業様にもご協力いただいています。その中で、社員さまが団体参加をする「ウォーキング・パートナー」の企業様のお取り組みについて、シリーズで紹介します。

 第5回は、中外製薬労働組合さんです!

企業紹介

私たち中外製薬労働組合は、中外製薬株式会社および関係会社に所属する組合員によって組織されている労働組合です。労働組合の活動において、社会貢献基金を活用した社会貢献活動についても積極的かつ継続的に取り組んでおります。主な活動として、社会福祉施設および事業への援助活動や福祉活動に対する協力援助、基金による直接支援などを行っています。本年も参加呼びかけに応じていただいた全国の有志の皆さんと参加します。


🎤キャンペーンへ参加への意気込みを教えてください。

Walk in Her Shoesには2019年に中外製薬労働組合として初めて参加し、2020年より「好きな時間、好きな場所で歩く」に参加しています。近年ESGやSDGsに関する企業の取り組みにも注目が集まる中、社会貢献活動に興味・関心を持つ組合員の方も増えていると感じています。そのような方々が社会貢献活動の実践に向け、気軽に一歩を踏み出すためのきっかけとしたいと考えています。

本キャンペーンへの参加を通じて、安全な水が容易に手に入る日本にいながらも、世界で水汲みの仕事を担う“彼女の身になって歩く”ことで国際的な社会課題への意識も醸成できればと思っています。また、参加者同士直接会うことはできなくても、全国各地から共通の想いをもって参加することで、社内の一体感醸成にもつながることを期待しています。


🎤社内でのお取り組みについて教えてください。

「好きな時間、好きな場所で歩く」への参加は4年目となりますが、毎年参加呼びかけの対象者や方法について検討しています。昨年に続き、「一人でも多くの方に気軽に活動に参加していただきたい」という想いで、全組合員の皆さんに向けて参加の呼びかけを行いました。また、初めて参加する方がより参加しやすくなるよう、労働組合の社会貢献基金を用いてエントリー費用補助を行いました。

キャンペーン開始後は、参加者によるチャットグループを立ち上げました。歩きながら気づいたことや感じたこと、撮影した写真などを投稿してもらい、参加者同士のコミュニケーション促進を図っています(掲載の写真は投稿していただいた写真の一部です)。また、全国の参加者同士で直接のコミュニケーションが取れるよう、オンラインでの懇親会開催も予定しています。


【投稿いただいた写真の一部】


【昨年開催したオンライン懇親会の様子】

関連情報

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 6月20日「世界難民の日」:希望の灯を絶やさぬよう、紛争・被災地域において最も弱い立場におかれた人々にフォーカスした支援を行っていきます

    6/20「世界難民の日」:希望の灯を絶やさぬよう、紛争や被災地域において最も弱い立場におかれた人々にフォーカスした支援を行っていきます

  • 本などの寄付「1件につき500円上乗せ&買取金額10%UPキャンペーン」を実施しています

    【6/30(日)まで】本などの寄付「1件につき500円上乗せ&買取金額10%UPキャンペーン」を実施しています

  • マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

    【6/30(日)まで】マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

  • 東京マラソン2024チャリティを終えて:海外参加者の声 / Charity Runners’ voice : Tokyo Marathon 2024

    東京マラソン2024チャリティを終えて:海外参加者の声 / Charity Runners’ voice : Tokyo Marathon 2024

  • 東京マラソン2024チャリティを終えて:国内参加者の声

    東京マラソン2024チャリティを終えて:国内参加者の声

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE