寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

アフガニスタンの人口の半数が深刻な飢饉に瀕し、女性と女子のリスクが高まっています

CAREの最新報告は、アフガニスタンで、要警戒であった飢饉の危機が深刻な状態に陥っていることを明らかにしました。干ばつ、避難民の増加、食糧価格の高騰、新型コロナウイルスの世界的流行と経済の衰退が状況を悪化させ、今、人口の半分近くの1,880万人が深刻な飢饉に直面しています。これは、昨年の同時期から約30%増加していることになります。

「アフガニスタンの多くの地域の人々は、ただ食卓に食べ物を用意するだけでも極端な手段に頼ります。人々は、自分たちの所有するわずかな財産を売り、家族のうちだれが食事を我慢するのかという苦しい選択を強いられ、口減らしをするために娘を若いうちに嫁がせることもあります。2021年の6月から9月にかけて、小麦の価格が28%も高騰したことは非常に懸念されており、多くの人々にとって生命維持にかかわる食糧を手に入れることができていません」とCAREアフガニスタンのモーゼス事務局長はいいます。

CAREは、アフガニスタンの干ばつが、ジェンダーの違いによって与える影響を評価するために、2021年6月から7月に調査を実施しました。その結果、女性と女子たちは、男性と比較してバランスのとれた食事をしていることが三分の一に留まっており、女性と女子たちが食べる乳製品と肉は、男性よりもはるかに少ないということが明らかになりました。さらに、干ばつの発生以来、ジェンダーに起因した暴力、特に親密な関係にあるパートナーからの暴力と、子どもの早期の強制的な結婚が増加していることも明らかになりました。「干ばつや飢饉によって引き起こされる将来への不安、絶望、ストレスは、暴力の増加につながる可能性があり、非常に女性と女子たちを苦しめています」とモーゼス事務局長は述べています。

ザイナブさん(45歳)は、自身の苦渋の選択について次のように述べています。「最近は依然と比べて、食糧の価格が高騰し、食べられるものが何もない状態です。この困難な状況で、他に選択肢がないため、16歳の娘を別の妻もいる男性と結婚させなければなりませんでした。娘は、泣き続けましたが、家族の生活を守るために結婚しなければならないことを知っていたといいました。これは、娘の未来を破壊しました。これらの問題を解決するための方法はありません。もしこのような状況が続くと、将来、他の選択肢もないので、今度は、10歳の娘の結婚も余儀なくされるでしょう」

モーゼス事務局長は、続けます。「迫りくる厳しいアフガニスタンの冬もまた大きな懸念点です。大雪がアクセスを妨げる前に、必要な資金と物資が遠隔地に到達するための十分な時間がなければ、人々は壊滅的な食糧不足と様々な危機に対する保護の不足に直面するでしょう。 私たちは、脆弱なアフガニスタンの人々がこれからどのような状況におかれるのかとても危惧しています」

ザキアさん(52歳)は、差し迫る冬への恐怖について話してくれました。「冬は、子どもたちの命を奪うでしょう。冬にどのように立ち向かうのか、考えはありません。今年の冬は、食べ物もなく、価格も高騰する中で、これまでで一番寒くなるでしょう。私たちのような貧しい人々は、このような状況下で生きぬくことなど絶対にできません」

気候変動は、食糧危機を引き起こすもう1つの要因です。 アフガニスタンは、気候変動に対して世界で最も脆弱な国の1つであり、その影響に対処するための基盤が最も整っていない国の1つでもあります。

食料安全保障の状況は、2021年11月から2022年3月の間に、さらに悪化すると予想され、人口の55%にあたる約2,300万人が、その期間中に深刻な飢饉に直面すると予想されています。

「アフガニスタンの人々の困難から立ち直る素晴らしい力は、この壊滅的な人道的危機によって、むしばまれています。 私たちは、命を守るために今、緊急で必要とされている支援を提供するよう国際社会に訴えます」とモーゼス事務局は強調しています。

緊急募金へのご協力のお願い

1961年以降CAREは、長く続く人道危機に直面するアフガニスタンで支援を行ってきた実績があります。主に、女性の社会経済的エンパワメント、女子教育、村落開発、そして緊急支援などに注力してきました。これからも、同国の人々との強い信頼関係のもと、現地パートナー団体などとも協力しながら、女性や女子など、最も弱い立場にある人々へ確実に支援を届けていきます。

アフガニスタンの人々の命と未来を守るために、今、あなたの支援が必要です。「アフガニスタン緊急支援募金」へのご協力を、どうかよろしくお願いします。

ご支援方法についてのご案内

 クレジットカードでのご寄付の場合:
こちらから「今回の寄付」をご選択の上、寄付の使途は「アフガニスタン緊急支援事業」をお選びください。
各種クレジットカードをご利用いただけます。

郵便局からのご寄付の場合:
<口座番号> 00150-4-49006
<加入者名> 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
※郵便局窓口にて、振込手数料が無料の口座である旨お申し出ください。
※お振込いただく際は、振込み用紙の通信欄に必ず「アフガニスタン(W)」と明記してください。記載がない場合は一般寄付としてお取り扱いいたします。

寄付金については「寄附金控除」の対象となります。
個人および法人の皆さまからのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。なお、個人の皆さまへの領収書は、ご希望いただいた方にのみ発行させていただきます。必ず通信欄にその旨明記していただくようお願い申し上げます。

【領収書発行を希望する皆様へ】
寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。
オンライン寄付の場合:「領収書の送付」の項目にチェックを入れて下さい。
郵便局からのご寄付の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

*当財団は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当面の間、すべての職員の在宅勤務を奨励していることから、領収書の発送が大幅に遅れる可能性がございます。予め、ご了承ください。

関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • ファンドレイジング・インターンを募集します

    【12/19(日)締切】ファンドレイジング・インターンを募集します

  • 事務局長の河﨑卓より、この1年のお礼を申し上げます

    事務局長の河﨑卓より、この1年のお礼を申し上げます

  • 【急募】マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

    【急募】マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

  • 財務・総務部長を募集します

  • 冬募金へのご協力のお願い:1時間に1,000人が「飢え」で命を落としています

    冬募金へのご協力のお願い:1時間に1,000人が「飢え」で命を落としています

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE