寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
X
Instagram
Youtube

ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.15 〜リコー社会貢献クラブ・FreeWill編〜

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2024」キャンペーンには、多くの企業様にもご協力いただいています。その中で、社員さまが団体参加をする「ウォーキング・パートナー」の企業様のお取り組みについて、シリーズで紹介します。

第15回は、リコー社会貢献クラブ・FreeWillさんです!

企業紹介

リコー社会貢献クラブ・FreeWill(以下FreeWill)は、社員が自由意思で参加する「社員による社員のための社会貢献クラブ」で、グループ7社合計およそ7,000名の社員が参加しています。会員は給与と賞与の端数を会費として自動引落で拠出し、会費の積立金がクラブの主な活動財源ですが、定期的に実施している活動団体・個人への寄付には会社もマッチングギフトを拠出し、社員の思いを応援しています。

🎤キャンペーンへの参加理由や期待する成果、意気込みなどを教えてください。

WiHS2020からウォーキング・パートナーとして参加し、今年は5年目となりました。それぞれの場所、それぞれの思いで参加できるWiHSは、日本各地に会員がいるFreeWillにとってピッタリのキャンペーンです。

「勤務地に関係なくどこからでも参加できる」「自分のペースで参加(歩く)ことができる」「健康のためのウォーキングが『彼女たち』の支援につながるのは嬉しい」と大好評で、毎年多くの社員が参加してくれています。


🎤参加促進や盛り上げに向けた社内での取り組み、または今後予定していることなどがあれば教えてください。

参加者各自が自分のスタイルで気軽に活動できる反面、「チームとして参加している」という雰囲気を感じることが難しいため、社内SNSを活用して参加者間のコミュニケーションを図っています。今日の報告や素敵なお散歩コースの紹介など、思い思いの投稿をしてもらっていますが、時々歩く際の「お題」を呼び掛けて楽しみながら歩いてもらえるよう工夫しています。


また、4月中旬にCAREさまにご協力いただきリモートでミニ勉強会を実施。WiHSの活動意義やCAREさまの現地での取り組みについてご説明いただき、社会課題への理解を深める機会となりました。

関連情報

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 6月20日「世界難民の日」:希望の灯を絶やさぬよう、紛争・被災地域において最も弱い立場におかれた人々にフォーカスした支援を行っていきます

    6/20「世界難民の日」:希望の灯を絶やさぬよう、紛争や被災地域において最も弱い立場におかれた人々にフォーカスした支援を行っていきます

  • 本などの寄付「1件につき500円上乗せ&買取金額10%UPキャンペーン」を実施しています

    【6/30(日)まで】本などの寄付「1件につき500円上乗せ&買取金額10%UPキャンペーン」を実施しています

  • マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

    【6/30(日)まで】マーケティング部 個人寄付担当(フルタイム職員)を募集します

  • 東京マラソン2024チャリティを終えて:海外参加者の声 / Charity Runners’ voice : Tokyo Marathon 2024

    東京マラソン2024チャリティを終えて:海外参加者の声 / Charity Runners’ voice : Tokyo Marathon 2024

  • 東京マラソン2024チャリティを終えて:国内参加者の声

    東京マラソン2024チャリティを終えて:国内参加者の声

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE