生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
IWD2019.jpg

途上国の「女性や女子」の自立支援活動を行うケア・インターナショナル ジャパンは、国際連合が定めた「国際女性デー」である3月8日を記念し、歩くことが社会貢献につながるチャリティーウォークなど途上国の女性と女子がおかれた現状を知ることができる様々な機会を提供します。

TOSHIMA さくらチャリティーウォーク
(1)開催日時:2019年3月30日(土)受付開始10:00 開会式10:30 終了15:00頃 
(2)集合・解散場所:雑司ヶ谷創造文化会館
(3)イベント概要:途上国の女性や女子が水汲みのために一日に歩く約6キロのコースを歩きます。道中、桜の名所やグルメスポットなどをめぐりながら、途上国にまつわるクイズや水汲みなどのアクティビティも体験できます。

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2019」
(1)開催日時:2019年3月8日(金)~ 5月31日(金)
(2)キャンペーン概要:安全な水の入手が困難な地域に暮らす女性や女子は、毎日の水汲みのために、教育や仕事など人生の貴重な機会を犠牲にしています。このキャンペーンは、そのような女性らに想いを馳せ、普段の生活の中で好きな時間に、好きな場所で歩くだけのシンプルで健康的な国際協力です。

【ご参考:終了したイベント】
ワタシのHAPPYフォトコンテスト
(1)開催期間:2019年2月15日(金)~ 3月3日(日)
(2)イベント概要:Happyな瞬間をとらえた写真を、#ワタシを輝かせてくれるもの等のハッシュタグを付けてSNSで投稿するだけで、1投稿あたり100円が協賛企業からCAREに寄付されます。以下2.のイベント会場にて、参加者による公開人気投票を行い、最終的に6点の受賞フォトを決定します。

「国際女性デー2019」記念トーク&途上国の女の子の1日体験イベント
(1)開催日時:2019年3月9日(土) 受付開始12:30 開会13:00 閉会17:00(途中退席自由)
(2)開催場所:立教大学池袋キャンパス 14号館 2階 D201教室(東京都豊島区西池袋3-34-1)
(3)イベント概要:第1部では、ミス・ワールド2017日本代表の山下晴加さんをお迎えし、性別に関係なく誰もが「自分らしく輝く」ためのヒントについて考えます。第2部では、途上国の女の子の1日が体験できる「巨大すごろく」に実際に挑戦しながら途上国の現状について参加型で学びます。

【参考情報】
■途上国の女性にまつわる「課題」
世界では、安全な水にアクセスできない人が8.4億人*。中でも特に深刻なサハラ以南のアフリカでは1人1日あたりの水使用量は、わずか平均30リットル未満とされています。特に女性や女子は、より大変な状況におかれています。毎日、家族が必要な食糧や水、そして蒔を調達するために歩きます。アフリカにおいて、その時間は1日平均3時間以上ともいわれています。このため、子どもたちは学校へ行けず、また女性たちは例えば家計を助けるために働いたりすることができません。このことが更なる貧困の淵へと家族を追いやり、貧困を慢性化させています。
*出典:UNICEF/WHO「衛生施設と飲料水の前進:2017年最新データと持続可能な開発目標」

■「国際女性デー(International Women's Day)」について
1904年3月8日のアメリカのニューヨークで婦人参政権を求めたデモが起源となり、1975年の国際婦人年において、国連が3月8日を「国際女性デー(International Women's Day)」と制定。国や民族、言語、文化、経済、政治の壁に関係なく、これまで女性が達成してきた成果を認識するとともに、女性たちの権利やジェンダー平等を広く呼びかけていく日として、毎年、世界中で記念行事が行われています。

【関連情報】
国際女性デー2019 フェイスブックページ
国際女性デー2019 クラウドファンディング 挑戦中

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg