寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

ウクライナ人道危機:最前線からの声をお届けします ~子どもたちのライフラインとなる教育

国連の報告によると、ウクライナで4月だけでも100人以上の子どもの命が奪われ、1,748の教育施設が攻撃されました。
そして、国外に避難した子どもたちにとって、教育は依然として課題となっています。

ポーランドでは、195,900人のウクライナの子どもたちが教育機関と幼稚園を必要としています。
このような中、ポーランド国際援助センター(PCPM)との提携により、CAREはウクライナ難民の教師と通訳をポーランドの学校で雇用しています。

これまでに140人以上のウクライナ人教師を登録し、ウクライナの子どもたちがポーランドの学校に適応できるよう支援するとともに、難民たちを雇用することによって、自立支援にもつなげています。

ダリア・クシェネンコさんは、4月からこのプログラムに参加しています。ダリアさんは、息子の教育を優先しながら、この不安定な時代を乗り切るために奮闘しています。

ダリアさんは英語だけでなく、ポーランド語、ロシア語、そして母国ウクライナ語で素晴らしい言語スキルを持っています。

授業以外の時間でも、ダリアさんはCAREチームと難民たちとのコミュニケーションを助けてくれており、重要なメンバーになっています。

「学校は子どもと親の双方にとって最も大切な場所です。子どもたちにとって、たとえ顔見知りでなくても、友だちに会えることはとても幸せなことです。親にとっても、育児以外の何か他のことをする時間を持つことができます」とダリアさんはいいます。

「子どもたちは教師と一緒に安全な場所にある学校にいるので、母親は安心して支援を求めたり、仕事をしたりすることができます。この繰り返される日常は、今の私たちにとって、とても重要なことです。逆に、予定がないことは最悪なのです」

CAREは引き続き、国外に逃れたウクライナの人々が希望をもって未来を描けるよう、各国の協力団体と連携しながら自立を支援していきます。

ご支援方法についてのご案内

 クレジットカードでのご寄付の場合:
こちらから「今回の寄付」をご選択の上、寄付の使途は「ウクライナ危機緊急支援事業」をお選びください。
各種クレジットカードをご利用いただけます。

郵便局からのご寄付の場合:
<口座番号> 00150-4-49006
<加入者名> 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
※郵便局窓口にて、振込手数料が無料の口座である旨お申し出ください。
※お振込いただく際は、振込み用紙の通信欄に必ず「ウクライナ(W)」と明記してください。記載がない場合は一般寄付としてお取り扱いいたします。

寄付金については「寄附金控除」の対象となります。
個人および法人の皆さまからのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。なお、個人の皆さまへの領収書は、ご希望いただいた方にのみ発行させていただきます。必ず通信欄にその旨明記していただくようお願い申し上げます。

【領収書発行を希望する皆様へ】
寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。
オンライン寄付の場合:「領収書の送付」の項目にチェックを入れて下さい。
郵便局からのご寄付の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

*当財団は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当面の間、すべての職員に在宅勤務を奨励していることから、領収書の発送が大幅に遅れる可能性がございます。予め、ご了承ください。


関連情報

緊急ジェンダーレポートを公表します ~戦争による女性とマイノリティへの影響が明らかに(5月11日)
国内に留まり活動を続けるボランティアを支援しています(5月9日)
【こどもの日】ウクライナの子どもたちの瞳に映る、戦争をご紹介します(5月5日)
国内に留まる5万人に対して緊急支援を提供しました(4月27日)
スロベニア赤十字と6台のトラックで水や食糧などを届けました(4月25日)
精神科医に緊急心理社会的カウンセリング研修を実施しています(4月21日)
ウクライナ人道危機:お礼と今後の支援について(4月12日)
必要な物資は日を追うごとに変わっていきます(4月4日)
ウクライナ国内で支援を行う職員からの最新報告(3月29日)
ポーランド国境の最前線で情報収集にあたるCARE職員の1日(3月19日)
【緊急ジェンダーレポート】ジェンダー特有のリスクへの対応の必要性を訴えています(3月17日)
【動画】ルーマニア国境での支援活動をレポートします(3月16日)
ルーマニア、モルドバ、ポーランド国境での支援を開始しました(3月14日)
国際女性デーに寄せて ~ウクライナで高まる女性たちへのリスク(3月8日)
緊急支援物資が、ウクライナ西部の都市リヴィウに到着しました(3月1日)
紛争・自然災害への対応
グローバル緊急ジェンダー分析報告書
 財政不安、飢餓、心の健康 –CAREの独自調査により世界の女性が抱える問題が明らかに


本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org
活動レポート一覧に戻る

最新レポート

  • 東京レガシーハーフマラソン2022 チャリティランナー合同練習会を行いました

    東京レガシーハーフマラソン2022 チャリティランナー合同練習会を行いました

  • 学習教材「ラファエック」:2022年度活動のご報告

    学習教材「ラファエック」:2022年度の活動をご報告します

  • アフガニスタンから2022年度の成果レポートが届きました ―健康、経済的エンパワメント、生計、ジェンダーに基づく暴力からの保護、教育を支援

    アフガニスタン政変から1年:成果レポートが届きました ―健康、経済的エンパワメント、生計、ジェンダーに基づく暴力からの保護、教育を支援

  • ニュースレターを発行しました

    ニュースレター「CARE World」43号を発行しました

  • ニュースレター(スタッフ紹介)

    新たに着任したスタッフを紹介します

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE