寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.15 〜株式会社パデコ編〜

今年の歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2022」には、昨年の倍となる20社もの企業の皆さまに、社員参加を促進いただく「ウォーキング・パートナー」として、ご参加いただいています。

キャンぺーン期間中、シリーズで、この「ウォーキング・パートナー」の企業の皆さまに、参加のきっかけや意気込み、またキャンペーン期間中の社内での具体的なお取組みなどについて、伺って参ります!

第15回は、株式会社パデコさんです!

(English follows.)

【企業紹介/参加者紹介】

株式会社パデコは、インフラ、社会/経済、教育の分野を中心に、複合的なアプローチで開発課題に取り組む、開発コンサルティング会社です。1983年の設立以来、様々な専門分野を持つ国際色豊かなスタッフにより、110以上の国と地域において、日本や発展途上国の政府、国際開発援助機関などを中心するドナーからの資金提供による開発プロジェクトを実施してきました。例えば、インドではムンバイメトロ3号線建設プロジェクト、エジプトでは日本式の教育モデルの普及プロジェクト、パレスチナやアルゼンチンで産業振興のプロジェクトなどに携わっています。

Participant introduction 
PADECO is a development consulting firm that tackles development issues with a multidisciplinary approach, with main focuses on infrastructure, social/economic, and education development. Since its establishment in 1983, we have implemented development projects funded by donors, mainly governments of Japan and developing countries and international development assistance organizations, in more than 110 countries and regions with our international staff with various fields of expertise. For example, we are involved in a project to construct Mumbai Metro Line 3 in India, a project to promote the Japanese model of education in Egypt, and projects for industrial promotion in Palestine and Argentina.


🎤キャンペーンへの参加理由や期待する成果、意気込みなどについて教えてください!

今年が初参加で、21名で参加しています。弊社では、新型コロナウイルス流行当初から、在宅勤務が推奨されてきたこともあり、社員の健康促進に役立てばよいなという思いがありました。さらに、水汲みのために1日約8,000歩を歩く途上国の女性や女の子に思いを馳せながら日々ウォーキングをすることが、国際協力にもつながる、ということが大きなモチベーションになりました。

また、弊社社員は世界各国で業務に従事していますが、どこからでも参加できることも魅力の一つでした(出張先のベトナム、バングラデシュ、インドから参加したメンバーもいます)。

Their purpose and goals for participating in the campaign

This is the first year for us to participate in this campaign and we have gotten 21 participants. Since the beginning of the pandemic outbreak, work from home has been encouraged, and we hoped that this would help our staff promote their health. In addition, a daily walking with thoughts about women and girls in developing countries who walk approximately 8,000 steps a day to fetch water leading to international cooperation was a great motivation.

Also, our staff are engaged in projects in many countries around the world but being able to participate from anywhere was an attractive point for us too. (Some members participated from Vietnam, Bangladesh, and India, where they were staying for work)

🎤参加促進や盛り上げに向けた社内での取り組み、または今後予定していることはありますか?

ケア・インターナショナル ジャパンさまからのニュースレターをきっかけに、日々のウォーキングのモチベーションを高めてもらえるようなメッセージを発信したり、他の参加者のウォーキングの様子をシェアするべく、写真や感想を集めて、共有したりしています。

参加者からは、「ウォーキングは基本的に通勤のみだったが、このキャンペーンの期間中は、週末にウインドサーフィンや、スポンサーをしているサッカーチームの応援に出かけるようになった」「会社のハイキング部に所属しているが、コロナ疾患後は登りで息が切れることが多くなってしまったので、これを改善するため息が切れにくい平地でたくさん歩くようにしている。このキャンペーンを通して、社会貢献できるというモチベーションも加わり、毎日楽しく歩けている」といったコメントが挙がっています。

 また、キャンペーン終盤ではありますが、5月下旬にはウォーキングイベントを企画する予定です。


Their plans for in-house efforts to promote enthusiastic participation

We utilize newsletters from CARE International Japan as an opportunity to send out messages to motivate participants, and also collect and share photos/comments from participants to share how other participants are doing.

Some comments from participants are "I used to walk only to go to office, but during this campaign, I started going windsurfing and cheering for our sponsored soccer team on weekends.” “I am a member of my company's hiking club, but after getting infected with COVID, I often get out of breath on climbs, so now I try to walk a lot on flat ground where I am less out of breath. With the motivation of being able to contribute to society through, I enjoy an everyday walking.”

We are also planning to organize a walking event in late May.

関連情報

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 広報インターンを募集します

    【締切間近:5/31(火)まで】広報インターンを募集します

  • 東京レガシーハーフマラソン2022チャリティランナーを募集します

    東京レガシーハーフマラソン2022チャリティランナーを募集します

  • 5月11日はCAREの誕生日。ケア・インターナショナル ジャパンは創立35周年を迎えます

    5月11日はCAREの誕生日。ケア・インターナショナル ジャパンは創立35周年を迎えます

  • ウクライナ人道危機:緊急ジェンダーレポートを公表します ~戦争による女性とマイノリティへの影響が明らかに

    ウクライナ人道危機:緊急ジェンダーレポートを公表します ~戦争による女性とマイノリティへの影響が明らかに

  • 5/18(水)東ティモール駐在員オンライントーク「農業用水改善事業の今」を開催します

    【開催間近】5/18(水)東ティモール駐在員オンライン・トーク「農業用水改善事業の今」を開催します

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE