寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.17 〜三菱電機システムサービス株式会社編〜

今年の歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2022」には、昨年の倍となる20社もの企業の皆さまに、社員参加を促進いただく「ウォーキング・パートナー」として、ご参加いただいています。

これまで、シリーズで、この「ウォーキング・パートナー」の企業の皆さまに、参加のきっかけや意気込み、またキャンペーン期間中の社内での具体的なお取組みなどについて、伺って参りましたが、今回が最後のレポートになります!

ラストを飾るのは、三菱電機システムサービス株式会社さんです!

【企業紹介/参加者紹介】

三菱電機システムサービスは創業以来のアフターサービスの経験で培った技術力とノウハウを活かし、工場、オフィス、店舗の各シーンに対応した多種多彩なソリューションを開発しています。コンサルティングからシステムの設計・施工、保守管理などをすべて含めたワンストップソリューションにより、お客様の、そして社会のニーズにまることお応えすることが可能です。


🎤キャンペーンへの参加理由や期待する成果、意気込みなどについて教えてください!

1962年創業、従業員259名で産声を上げた当社は、2022年4月1日をもって、創立60周年を迎えました。60周年という周年事業として、歩く国際協力「Walk in Her Shoes」に今回初めて参加させていただき全国の従業員に募集を募ったところ、300名以上の参加者が集まりました。

🎤参加促進や盛り上げに向けた社内での取り組み、または今後予定していることはありますか?

60周年を機に社内公募にて新たなシンボルマークが決定しました。

Walk in Her Shoes参加者には新シンボルマークが入ったTシャツを全員に配布し、社会課題を体験するいいきっかけとなりました。

当社スローガンである「あったかハート わくわく技術」の下、お客さまの「心地よさ」を提供できる一流のシステムエンジニアリング・サービス会社として、これからも社会の変化に対応しながら一層の成長を目指してまいります。

関連情報

ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.1 〜カスタムライフ編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.2 〜兼六法律事務所編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.3 〜中外製薬労働組合編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.4 〜森乳スマイル俱楽部編
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.5 〜株式会社スマート・アイ編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.6 〜日産自動車株式会社編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.7 〜株式会社エトウ編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.8 〜AlixPartners編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.9 〜ユーロモニターインターナショナル編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.10 〜デロイト トーマツ グループ編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.11 〜サミット・レイバー・ユニオン編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.12 〜リコー社会貢献クラブ・FreeWill編〜
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.13 〜住友商事株式会社編〜
■ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.14 ~株式会社ソニックガーデン編~
ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.15 ~株式会社パデコ編~
■ウォーキング・パートナーの取組紹介 vol.16 〜株式会社ワールディング編〜

歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーン

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 6月20日は「世界難民の日」です

    6月20日は「世界難民の日」です

  • 6/22(水)「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催します

    6/22(水)「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催します

  • ジェンダー平等にかかる報告書を公表しました ~ラストマイルの女性たち:コロナ禍で、ジェンダー平等への投資がどのように医療制度を維持してきたのか

    次のパンデミックに備え、医療制度におけるジェンダー平等への投資を促す報告書を公表しました

  • マーケティング部 マンスリー支援者対応 パートタイム職員を募集します

    マーケティング部 マンスリー支援者対応 パートタイム職員を募集します

  • 東京レガシーハーフマラソン2022チャリティランナーを募集します

    東京レガシーハーフマラソン2022チャリティランナーを募集します

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE